FC2ブログ

松尾大社 八朔祭

01_20200912204546b16.jpg



                                    2020年  9月  5日 撮影



   京都松尾大社の八朔祭。

   例年ですと、女神輿、六斎念仏踊りや国体京都府予選を兼ねる八朔相撲等

   様々な催しが行われます。

   ところが今年は、新型コロナの関係から、ほとんどの催しが中止となり、

   神事と提灯の飾りだけが行われました。



   参道の出店もなく、静かなお祭りです。


02_202009122045507c7.jpg







03_20200912204550212.jpg





    暗くなり、提灯の灯りが幻想的です。


04_20200912204555d3f.jpg







05_20200912204553ff2.jpg






06_202009122045553b0.jpg




   境内には、例年通り、子供達の絵灯籠も並べられています。


07_20200912204540d8e.jpg






08_202009122045425f8.jpg






09_20200912204543534.jpg






10_20200912204544986.jpg


 


   色んな行事が中止になり、寂しいお祭りとなりましたが、静かな夜祭も

   それはそれでよかったです。




スポンサーサイト



石清水八幡宮 石清水祭 絹屋殿著御の儀

石清水八幡宮 石清水祭 絹屋殿著御の儀

                        2019年9月15日撮影


0.jpg



京都 石清水八幡宮の石清水祭。

毎年9月15日に行われます。

葵祭、春日祭とともに三大勅祭の一つです。

深夜午前2時に、山上の本殿で神事が始まり、

午前3時にご祭神をご鳳輦に乗せ約500名の行列が山を下り、山麓の頓宮に入ります。

頓宮で神事が行われた後、夕刻には行列が山を登り、本殿に戻られます。


絹屋殿著御の儀は、行列が山を下り、頓宮に入る前に、

絹屋殿と称する臨時に立てられた建物に、ご鳳輦を納め、神事が行われます。



1.jpg




3基のご鳳輦の前で、篝火の明かりのもと、里神楽が奉納されます。


2.jpg





3.jpg





4.jpg




安井金毘羅宮 櫛祭り


  安井金毘羅宮 櫛祭り
                         2017年  9月25日





京都東山の安井金毘羅宮、縁切りで有名な神社ですが、
境内に櫛塚があり、櫛に感謝する櫛祭りが行わます。
境内での神事・奉納行事の後、古代から現代までの髪型・衣装の女性が、
祇園の街を行列します。

 
神事の後、舞台で「黒髪の舞」が舞われます。












その後、古代から現代へ各時代の衣装・髪型が披露されます。
   










そして、祇園の街を行列します。



































たくさんの綺麗な女性の着物姿、とっても華やかな行事です。

御香宮神社 花傘総参宮

       御香宮神社 花傘総参宮
                          2017年  9年30日 撮影





京都伏見の御香宮神社の神幸祭、お迎え提灯として、氏子町から
たくさんの花傘や神輿が神社に参拝します。
花傘総参宮は2回行われ、2017年は9月30日と10月8日で、
9月30日に訪問です。

多くの花傘が、大手筋商店街のアーケードを通り、
アーケード内でも傘振りを披露します。








子供達も元気です。






































華やかな花傘、見事な傘振り、見事なお祭りです。

京都 石清水祭

  京都 石清水八幡宮 石清水祭
                           2017年 9月 15年 撮影





京都 石清水八幡宮の石清水祭です。
葵祭、春日祭とともに三大勅祭の一つ。
深夜午前2時に神事が始まり、午前3時より男山山上の本殿を出発し、
約500名の行列が早朝に山を下り、山麓の頓宮に入ります。
夕刻には、また行列が山を登り、本殿に戻られます。
生きとし生けるものの平安と幸福を願う石清水放生会を起源とする祭で、
放生行事も行われます。








午前3時に山頂を出発した行列は、参道の灯りが消されて真っ暗な山道を
提灯と松明の灯りだけを頼りに降りてきます。















行列は、山を下りた所に設けられた絹屋殿で、一旦止まり、
3基の鳳輦が納められます。

絹屋殿の前で、里神楽が奉納されます。




















神事が終わると、行列は出発、頓宮に向かいます。






夜が明け、頓宮内では、神事が続きます。







放生川では、放魚が行われます。






放生川に架かる太鼓橋の上では、放鳥が行われます。












太鼓橋の上では、胡蝶の舞が舞われます。






見せるための祭ではなく、神事としての祭が繰り広げられます。

松尾大社 八朔祭


   京都 松尾大社 八朔祭
                           2017年 9月 3日撮影






京都松尾大社の八朔祭、9月の第一日曜日(2017年は9月3日)に行われる
京都最後の夏祭りです。
様々な行事が行われますが、人気は女神輿の巡行です。


   





拝殿の回りを担いで、出発です。






楼門前にて






松尾大社を出発したお神輿は、阪急嵐山駅前でひと担ぎ。






嵐山大堰川南岸の山麓にある櫟谷宗像神社。
急な坂道を、お神輿を担いで登ります。






昼食後、お神輿を舟に乗せ、大堰川を舟で渡ります。













舟で川を渡り、また大堰川の北岸で、ひと担ぎ。






嵐山をバックに、差し上げです。





この後、お神輿は野宮神社まで行き、折り返して、
松尾大社まで帰ってきます。

松尾大社では、他に、八朔相撲、あかちゃん相撲、子供神輿、
奉納太鼓、六斎念仏と様々な行事が行われます。





松尾大社八朔祭 赤ちゃん相撲

     松尾大社八朔祭 赤ちゃん相撲
                         2016.9.4撮影
  




9月4日、京都松尾大社の八朔祭。
様々な行事が行われますが、その一つが相撲です。
鎌倉時代から続く八朔相撲として、京都府相撲選手権大会をかねて開催、
赤ちゃん相撲も行われます。













   赤ちゃん相撲
すもう取りに抱っこされた赤ちゃんは元気に育つと言われます。





元気いっぱいに大声で泣く赤ちゃん





全く平気な赤ちゃん











いっぱい泣いた赤ちゃんも、泣かなかった赤ちゃんも、
みんな元気で育って欲しいですね。



松尾大社八朔祭 女神輿

        松尾大社 八朔祭 女神輿
                         2016.9.4 撮影






また少し遅くなってしまいましたが、9月4日、京都嵐山松尾大社の八朔祭です。

八朔祭では様々な行事が行われますが、女性だけで担ぐ女神輿の様子です。

神移し、神様を神輿にお移しします。



手をあわせる様子が、女性らしいですね。



神輿を担いで、拝殿を回ります。






本殿前で、差し上げ





境内を抜けて、鳥居前へ





松尾大社を出発です。






途中、神輿は大堰川(渡月橋の上流側)を船で渡ります。















この後、野宮神社まで巡行し、松尾大社に戻ります。

男性の神輿とは違い、担ぐ様子もちょっと華やかな神輿です。

上賀茂 紅葉音頭

          上賀茂 紅葉音頭大踊り
                        2016.9.3撮影






9月3日、上賀茂紅葉音頭大踊りに行ってきました。

上賀茂紅葉音頭は、江戸時代に、毎年盆に御所の庭で踊られていたもので、
それが、歌や踊りの名手が、地元の上賀茂に伝え広めたそうです。
上賀茂神社の一之鳥居の前で、地元の保存会の方と京都産業大学の学生さんが
踊ります。































石清水祭

9月15日、石清水八幡宮の石清水祭に行ってきました。

石清水祭は、三大勅祭の一つで、清和天皇の時代からの歴史を持つ祭りです。
深夜の2時に祭事が始まります。
3時頃に約500名の行列が、街灯を消し真っ暗な山道を、松明と提灯の灯りだけを頼りに山を下ります。
山を下りた所に、絹屋殿と称する建物が立てられ、そこに神輿が一時置かれます。
神輿の前で、神事が行われ、巫女さんによる里神楽が舞われます。

今回は、この絹屋殿での神事を見学です。


3時半頃、行列が山を下りてきました。


























巫女さんによる里神楽です。






篝火だけの前で行われる神楽、神秘的です。

































行列は、そのまま頓宮の中に進みます。

祭事は、その後、頓宮の中での神事、朝からは放生会、夕刻からよるには還幸祭と続きます。

ですが、今年は残念ながら、この祭事だけで失礼しました。

上賀茂紅葉音頭大踊り

9月4日、上賀茂神社一ノ鳥居前で、上賀茂紅葉音頭大踊りが行われました。

上賀茂紅葉音頭は、元は御所で踊られていたもので、
江戸時代に上賀茂一帯で流行ったものだそうです。





































梨木神社 萩祭り

梨木神社の萩祭り
 
9月末の数日に行われる萩祭り、9月21日に行ってきました。
 
梨木神社は、「萩の宮」ともいわれる萩の名所。
赤や白の可愛い花をつけた萩の枝に、俳句の書かれた短冊が下げられ、
舞殿では様々な奉納行事が行われます。
 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 
昨年は萩の枝が刈り込まれ花が少なかったんですが、今年はたくさんの花がついていました。
しばし、気持ちのいい秋の時間を堪能させて頂きました。

平野神社 奉燈祭

平野神社 奉燈祭
 
平野神社は、平安京遷都の際に御所とともに平城京から遷座したそうです。
それを記念して、境内に灯りが点され、舞踊や音楽が奉納されます。
                                              (撮影日:9月14日)
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

松尾大社 八朔祭

松尾大社の八朔祭
 
9月の第一日曜日、今年は9月7日の行事です。
またまた随分遅れてのアップです。
 
風雨順調・五穀豊穣を祈る神事で、太鼓、相撲、女神輿、子供神輿、嵯峨野六斎念仏、盆踊りと様々な行事が行われます。
今年は、女神輿を追っかけました。
 
 
なりかん(かんならし)
神輿巡行に先立ち、かん(担ぎ棒の先の金具)を高く差し上げ、リレーしながら進みます。いよいよお神輿スタートです。
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 
拝殿回り。
 

 
 
 
男性顔負けの迫力です。
 

 
 
 
楼門を出て、階段を駆け下ります。
 

 
 
 
赤鳥居前で、門川京都市長も駆けつけ記念撮影です。
 

 
 
 
阪急嵐山駅前でひと担ぎした後、大堰川沿いの櫟谷宗像神社でお昼休憩です。
 

 
 
 
櫟谷宗像神社を出て、大堰川を船渡御する予定なのですが、前日までの大雨で大堰川が増水し、今年は船渡御中止です。
船渡御が出来ないので、渡月橋を渡ります。渡月橋の車を一時止めて、橋の真ん中で差し上げです。
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 
大堰川北岸で奉納太鼓があり、それから野宮神社まで進みます。
野宮神社の竹林を進みます。
 

 
 
 
帰りも、渡月橋でひと担ぎ。
 

 
 
 
松尾大社に帰ってきました。
 

 
 
 

 
 

 
 
 
今年も無事巡行が終わりました。
お疲れ様でした。

 
 
 
今年は、大堰川の増水で船渡御が出来ませんでした。
ですが、代わりに渡月橋を渡り、橋の真ん中で差し上げに加えて、神輿を上に投げ上げました。初めての試みとのことで、見事に成功し大歓声。とっても感動の瞬間でした。

神泉苑 観月会

9月7日、神泉苑の観月会です。
 
お月見といえば、大沢池に龍頭鷁首舟を浮かべる大覚寺が有名ですが、
二条城の南にある神泉苑でも、池に浮かぶ龍頭船でお月見が楽しめます。
 
神泉苑は、平安京遷都と同時期に作られた庭園で、祇園祭の起源となる御霊会も行われた歴史ある所です。
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 
                     奉納演奏も素敵です。
 

 
 
 

 
 

 
プロフィール

masato

Author:masato
お祭りや季節の風景の写真を撮っています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR