FC2ブログ

花背の松上げ

     花背の松上げ
                        2018年8月15日 撮影







8月15日、京都洛北の花背で行われる松上げです。

松上げは、京都の北部の山村に伝わる火祭です。

会場となる灯籠木場(とろきば)に
高さ約20mを超える大籠が立て、
この大籠に、火のついた上松という小さな松明を投げ上げます。















火種から、松明に火を点けます。








灯籠木場に立てられたたくさんの小さな松明に火が点けられます。






灯籠木場が、炎に包まれます。








いよいよ、松上げの開始です。
上松をクルクルと回し、勢いとつけて投げ上げます。






上松が、綺麗な放物線を描きます。






大籠に、火が入りました。







最後には、大籠が倒されます。






その後、男衆は、お堂に戻り、
輪になって、伊勢音頭を唄います。










スポンサーサイト



京都 祇園花街 八朔

    京都 祇園花街 八朔
                                                                        2018年8月1日 撮影





         8月1日、八朔。
   京都の花街では、芸舞妓さんが、黒紋付きの正装で、
   日頃お世話になっている踊り・花・お茶の師匠のところ、お茶屋さんを、
   挨拶に回ります。   
   


















































下鴨神社 矢取神事

   下鴨神社 矢取神事
                          2018年8月6日 撮影





   
   下鴨神社 矢取神事。
   御手洗池の中央に立てられた斎矢を、裸男が奪いあいます。
   下鴨神社の御祭神の玉依媛命が賀茂川のほとりで流れ着いた丹塗矢を
   持ち帰った所、懐妊し、別雷神を産んだとされることに因んだ神事です。



   御手洗池の中央に立てられた50本の斎矢。






   厄除けに納められた人形が撒かれる中、
   合図とともに飛び込み、斎矢を奪い合います。























  
   終わるまで、約5秒くらいでしょうか。あっという間に終了です。









五山の送り火 『法』

   五山の送り火 『法』
                          2018年 8月 16日 撮影





五山の送り火、妙法の『法』の字です。
北大路通りの高野橋からです。
         
       



お盆も終わり、夏も終わりですね。

愛宕古道街道灯し

   愛宕古道街道灯し
                            2017.8.23撮影





京都 化野念仏寺で千灯供養に合わせて、
化野念仏寺への道沿いに、たくさんの行灯が並べられます。
正確には、2017年は千灯供養が8月23日・24日、
街道灯しが23日・24日・25日です。
瀬戸内寂聴さんと地元の方が、地域活性化のために始められた行事です。







23日は、子供達の提灯行列と、街道灯しの点火式があります。
点火式は、鳥居本の愛宕神社一の鳥居です。






   太秦ひょっとこ踊りの会も、祭を盛り上げます。






































手作り行灯がとても素敵です。
行灯にも書かれていますが、
このお祀りが、100年後も続きますように!

嵯峨の送り火

   嵯峨の送り火
                        2017年8月20日撮影





 弘法大師の月命日の前日の8月20日、大覚寺大沢池で宵弘法が行われました。
 大沢池の中央に護摩壇を設け、弘法大師を偲ぶとともに、
 先祖供養の送り火の火を灯します。
 五山の送り火でもお帰りになれなかった方もお送りする最後の送り火です。






  
    陸でも護摩祈願が行われます。






    池にかかる桟橋で、僧侶の方が法要の御経を唱える中、
    池中央の護摩壇に火が点けられます。





   法要が終わっても、送り火はしばらく燃え続けました。


五山の送り火 鳥居と広沢池灯籠流し

  五山の送り火鳥居と広沢池灯籠流し
                         2017年8月16日撮影





 五山の送り火、嵯峨野の広沢池からです。
 広沢池では、送り火に合わせて、灯籠流しが行われます。

 鳥居は、正面の山と山が谷になっている場所の木が生えていない所です。






   五山の送り火が点される前に、灯籠流しが行われます。
   灯籠流しが始まっても、貸しボートが営業されていて、
   灯籠の間にボートが・・・
   









    





 灯籠が流されている所で、ボートに乗るのはいかがなものかと思いますが、
 味方によっては絵になったり(笑)






京都 伏見万灯流し

京都伏見の万灯流し
  坂本龍馬が襲撃を受けた京都伏見の寺田屋。その寺田屋のすぐ近くの宇治川派流
  の寺田屋浜で、8月12日、伏見万灯流しが行われました。
  鳥羽伏見の戦いでの犠牲者の慰霊と、お盆の先祖供養として、たくさんの
  色とりどりの灯籠が流されました。


  宇治川派流・濠川では、日中、十石舟が運航中です。






 
     日が暮れる頃、灯籠が流されました。



































    今年は、風向きが逆で、流れてきた灯籠が、上流に押し戻され、
    なかなか流れてこず、手前では風におあられて、一気に下流へ(笑)
    なかなか厳しい万灯流しでした。


化野念仏寺 千灯供養

        化野念仏寺 千灯供養
                        2016.8.23撮影






8月23日、化野念仏寺の千灯供養に行ってきました。
化野念仏寺は、付近一帯に散乱していた無縁仏を集めて境内にお祀りされています。
その無縁仏に、地蔵盆の夕刻、ろうそくをお供えします。

墓地にカメラを向けるのは気がひけるのですが、
ろうそくを献じる様子が、とても素敵なので撮らせて頂いています。
無縁仏が集められた西院の河原内は撮影禁止なので、外側からの撮影です。

千灯供養に限らず、感じることですが、
ろうそくを献じる際に、座らずに立ったまま、手をあわせない様子が
最近、多くなっています。
仏事、神事としての意味合いを思わず、
単なる観光イベントとして来られている方が多くなっているのか。
そんな中で、じっと手をあわせておられる姿を見ると、
一緒に手をあわせたくなります。

愛宕古道街道灯し

         愛宕古道街道灯し
                       2016.8.23撮影





8月23日、京都奥嵯峨の愛宕古道街道灯しに行ってきました。

愛宕古道街道灯しは、化野念仏寺の千灯供養にあわせて、
街道沿いにたくさんの灯籠が並びます。
今年は、少し下の公園から。
子供達の行列を、ひょっとこが先導します。












鳥居本、愛宕神社一の鳥居です。






子供達が並んで、点火式です。






街道を上から。遠くには京都タワーも望めます。























嵯峨の送り火

        嵯峨大覚寺 宵弘法  嵯峨の送り火
                         2016.8.20 





8月20日、弘法大師の月命日の前日、大覚寺で宵弘法が行われました。
大沢池の中に設けられた護摩壇に火を点し、弘法大師や先祖供養を行います。
お盆の時期に行われることから、嵯峨の送り火とも称れています。




















松ヶ崎 題目踊り・さし踊り

          松ヶ崎 題目踊り
                         2016.8.15撮






8月15日、松ヶ崎の涌泉寺に行ってきました。
涌泉寺では、8月15・16日、約700年の歴史をもつ題目踊りと、
洛北一帯で古くから伝わる盆踊りの一つの松ヶ崎さし踊りが行われます。






最初は題目踊り
約700年前、一村全体が法華宗に帰依したのを喜び踊ったのが起源とされる踊りで、
日本最古の盆踊りとされています。






男性は、片手を腰に、片手で扇子を持ちます。
女性は、両手を扇子を持ち、ややうつむきかげんになります。
持った扇子を、表に裏に、ひっくり返しながら踊ります。



















題目踊りの後に、さし踊りが踊れれます。
















京の七夕

         京の七夕






すっかり京の夏の恒例行事になった「京の七夕」、今年も行ってきました。
(堀川会場、鴨川会場は8月12日、梅小路公園会場は8月10日です)

まずは、堀川会場です。
お馴染みの天の川トンネル。





毎年恒例のオブジェが続きます。














こちらは、今年初めて加わった梅小路公園会場です。
少し離れていますので、人も少な目。
公園の草木を使ったオブジェ、なかなか素敵です。






続いて、鴨川会場。

















今年は、堀川会場、鴨川会場に加えて、
梅小路公園会場、北野天満宮会場、岡崎公園会場が新たに登場。
都合で、北野天満宮会場、岡崎公園会場には行けませんでしたが、
こちらも素敵だったようです。




愛宕古道街道灯し&化野念仏寺千灯供養

8月23日、京都奥嵯峨に行ってきました。
化野念仏寺の千灯供養、それに合わせて行われる愛宕古道街道灯しです。

愛宕古道街道灯しは、瀬戸内寂聴さん、嵯峨野保勝会、京都嵯峨芸術大学と、地元の方で作りあげているお祭りです。
今年は20周年とのことで、灯しの点火式から見学してきました。

街道灯しの北の端、鳥居本の一の鳥居からです。

点火式で、20年前初回の際の瀬戸内寂静さんの言葉の紹介がありました。
「まずは20年続ける。20年続けば、それは平和な時代だということ・・・。」
そして今年は20年目、重いお言葉です。





点火式の後、子供達の提灯行列です。










街道沿いには、大小様々な提灯が並びます。



























途中、化野念仏寺では千灯供養が行われています。

ここでは、とにかく手をあわせたくなります。





日本人以上に日本人な外国の方










また、街道に戻ります。

























最後は、嵯峨清凉寺の仁王門前。鶴亀の提灯です。





愛宕街道古道灯し、毎年訪れさせてもらってますが、昨年まではだんだんと人も少なくなり、ちょっと寂しい思いでした。
今年は20年ということか好天の日曜といことか、たくさんの方が来られていました。
次の20年へ、いつまでも続けて欲しいイベントです。


大覚寺 宵弘法

8月20日、弘法大師の月命日の前日、大覚寺で宵弘法が行われました。
大沢池の中に設けられた護摩壇に火を点し、弘法大師や先祖供養を行います。
お盆の時期に行われることから、嵯峨の送り火とも称れています。


火が点される大沢池は、この時期、たくさんの蓮の花で覆われています。





灯籠が船から流されます。















大沢池の中の護摩壇に向かって設けられた祭壇で、法要が行われます。







大沢池の護摩壇に火が点けられました。













プロフィール

masato

Author:masato
お祭りや季節の風景の写真を撮っています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR