FC2ブログ

今宮戎神社 十日戎

今宮戎神社 十日戎

                               2020年 1月 10日 撮影    


01_202001121603327d0.jpg




今年も今宮戎神社の十日戎に行ってきました。


十日戎は、主に関西の戎社で、1月10日に行われる行事です。

9日の宵戎、10日の本戎、9日の残り戎と、3日間、

商売繁盛と、多くの人で賑わいます。



境内は、入場規制がかかる程で、物凄い人で埋め尽くされます。

お賽銭箱にたどり着くまで、かなりかかります。


02_202001121603362fc.jpg




お参りを済ませ、福笹をもらいます(無料です)。


03_202001121603354b1.jpg




福娘さんに、福笹に、吉兆をつけてもらいます(こちらは有料)。


04_20200112160323a0d.jpg




福娘さんは、笑顔も添えてくれます。


06_202001121603264e5.jpg





07_20200112160327bfc.jpg





08_20200112160328cbe.jpg





09_20200112160330bb5.jpg




人も物凄いですが、福娘さんの笑顔もいっぱい。

たくさんの福を頂きました。



スポンサーサイト



四天王寺 七夕のゆうべ

9A3A4118.jpg


                            2019年  7月  6日 撮影



  大阪 四天王寺で、7月6~8日に、七夕のイベント「七夕のゆうべ」が行われました。

  境内には、七夕飾りやたくさんの屋台も並びます。



9A3A4185.jpg

  



    極楽門前の吹流し、風に吹かれて、キラキラです。


9A3A4227.jpg




     願い事を書いた短冊を結んだ笹のトンネルをくぐります。


9A3A4265.jpg




       鎮魂の灯火、願いを込めて、ろうそくを浮かべます。


9A3A4280.jpg




   


EZ6A8013.jpg


住𠮷大社 御田植神事

01_2019063019414746e.jpg


                     2019年 6月14日 撮影



大阪 住吉大社の御田植神事、農作物の豊かな実りを祈願する祭、日本三大田植神事の一つで、国の重要無形民俗文化財にしてされています。


住吉大社211年ご鎮座の際に、神功皇后が住吉大神の御田を定められ、長門国から植女を召し田植えをさせられたことに始まるとされます。

明治維新の際に御田が民間に払い下げられ、御田植神事も廃絶しそうになったそうです。その際に、大阪新町廊が御田を買い上げ住吉大社に寄進、それを機に新町廊の芸妓が植女を奉仕するようになりました。そんな新町廊も現在はなくなり、今は財団法人上方文化芸能協会が引き継いでいるすです。   

    

神事は、植女が神前より授かった早苗を替植女に手渡し、田植えが始まります。

御田中央の舞台や御田の周りでは、神楽女による「八乙女の田舞」、御稔女の「新田代舞」、「風流武者行事」「田植踊」、「住吉踊」等、様々な踊りや行事が行われます。




御田での神事に先立ち、御田を清めます。


02_20190630194149887.jpg




御田に、神前より授かった御神水を注ぎます。


03_20190630194151418.jpg




牛による代掻きの実演も。


04_20190630194151515.jpg




植女、稲をかたどった衣装をまとっています。

 手には、神前より授かった早苗を持っています。


05_20190630194152737.jpg




植女より、神前より授かった早苗を、実際に田植えをする替植女に渡されます。


06_20190630194155cac.jpg





07_20190630194156d1a.jpg




  八乙女の田舞


08_201906301941579f9.jpg





09_2019063019415821d.jpg




御稔女(みとしめ)による神田代舞(みとしろまい)


10_201906301942008c9.jpg





11_20190630194202c8a.jpg





12_201906301942049a5.jpg






13.jpg




田植え踊り


14.jpg





15.jpg





16.jpg






17.jpg



堺 石津太神社 やっさいほっさい

  堺 石津太神社「やっさいほっさい」
                         2018年12月14日 撮影






   堺市石津の石津太(いわつた)神社、日本最古の蛭子社と言われています。
   12月14日、「やっさいほさい」と言う奇祭が行われます。
   御祭神のえべっさんが、海に流され、瀕死の状態で石津の浜に流れ着き、
   浜の漁師がたき火を焚いて、えべっさんを暖めたことに因んだ神事です。
   大きなとんどを焚き、火床を作り、えべっさん役の男性を抱えて、
   火の中を渡ります。


積み上げられたご神木。後に、火が点けられ燃やされます。
       





火が点けられると、火は見る見る燃え上がります。













「竹入」 燃えて小さくなってきた火床を竹でならし、火渡りする火床を作ります。













「火伏せ神事」 火渡りする火床を清めます。






「えべっさんの火渡り」 えべさん役の男性を担いで火床を渡ります。






えべっさんが3度火を渡った後、世話打役の若者も火を渡ります。





















天神天満阿波おどり

   天神天満阿波おどり
                        2018年8月19日 撮影






大阪天神橋筋商店街と大阪天満宮で、
恒例の「天神天満阿波おどり」が行われました。

最初に、天神橋筋商店街で、流し踊りです。







次に、場所を大阪天満宮境内に移し、威勢のいい踊りが披露されました。






























本場、徳島では総踊りの運営でドタバタがありありましたが、
大阪天満宮では、観客も加わっての総踊りが、賑やかに行われました。



四天王寺 七夕のゆうべ

   四天王寺 七夕のゆうべ
                          2018年7月8日 撮影





    大阪 四天王寺の七夕イベントです。


































今宮戎 福娘

   今宮戎  福娘
                         2018年 1月 9日 撮影






年が明けて、十日戎。
今年も、大阪今宮戎神社、9日の宵戎に行ってきました。
福笹に吉兆をつける福娘さん、笑顔も添えて、福を頂けます。
































いつも人気の人気のお姉さん。お姉さんの前は、凄い行列です。
いかにも福が頂けそうです。



堺 開口神社 ふとん太鼓

  堺 開口神社 ふとん太鼓
                           2017年9月8日撮影





  大阪堺の開口(あぐち)神社の八朔祭、
4基のふとん太鼓が担ぎだされ、宮入りします。







4基の太鼓は、1基づつ、神社の前の道路で数往復担がれた後、
宮入り、所定の位置に置かれます。

最初は、大甲濱のふとん太鼓。

足を揃えて担ぐと、ふとん太鼓が綺麗に大きく揺れ、
四隅に垂らされた大きな房が大きく綺麗に揺れます。
















収まりました。





次は、隅田の太鼓です。
















新在家のふとん太鼓です。















最後は、芦原濱です。










ふとん太鼓の重さは3~4トンもあり、迫力満点です。
うまく担がれ、綺麗に揺れる太鼓は感動的です。

大阪 愛染祭

   大阪 愛染祭
                    2017.06.30,07.01 撮影





6月30日~7月2日、大阪の愛染堂勝鬘院で愛染祭が行われました。
大阪三大夏祭の一つで、この頃から浴衣を着始めることから、
別名「浴衣祭」とも言われてます。 

一般公募で選ばれた愛染娘さんや愛染女組さんが、祭を盛り上げます。

  





初日の6月30日、宝恵駕籠パレードが行われ、最後に、
愛染娘さん全員の駕籠上げが行われます。
























平成OSAKA 天の川伝説

  平成OSAKA 天の川伝説
                             2017.07.07 撮影






 7月7日、大阪天満橋付近の大川で、平成OSAKA天の川伝説が行われました。
 LEDボールを川面に浮かべ、天の川を再現する七夕恒例のイベントです。












 生憎の曇天で、空にも天の川とはいきませんでしたが、
 川面のLEDボール、行き交う小舟、ビルの夜景と、幻想的な光景が広がりました。

大阪四天王寺 七夕のゆうべ

   大阪四天王寺 七夕のゆうべ
                             2017. 7. 7,8 撮影





    大阪四天王寺で行われた七夕イベントです。
  境内に、七夕の飾りつけや出店がでたり、コンサートがあったりと、
  たくさんの方で賑わってました。

   

  極楽門(西大門)前の吹流しは、黄金色。とってもゴージャスです!







   笹トンネル、天井にはLEDの天の川!






    流しロウソク!













   ライトアップされた五重塔。
   奥に見えるのは、あべのハルカスです。




大阪四天王寺 どやどや

  四天王寺 どやどや
                           2017. 1.14撮影





ずいぶんと日が経ってしまいましたが、
1月14日、大阪四天王寺のどやどやに行ってきました。

四天王寺 どやどや
  修正会の結願日に行われる行事です。
  法要中に祈祷された牛王宝印のお札を、裸で奪い合います。
  たくさんの人が、どやどやと集まる様子から、どやどやの名がついたそうです。

現在は、関連の学校の生徒さんで行われます。







水をかけるのは、裸でぶつかった時、肌と肌がこすれて火傷するのを防ぐ役目があるそうです。
決して、水をかけて楽しんでいるんではありません(笑)。
















この冬一番の寒い日、5度にも満たない寒い中、ご苦労様でした。

堺開口神社 ふとん太鼓

  堺開口神社 ふとん太鼓         2016. 10. 9, 10 撮





少し前になりますが、9月9日、10日と開口神社のふとん太鼓に行ってきました。

秋祭りに、大阪泉州のだんじりが有名ですが、堺の一部では、ふとん太鼓です。

だんじりは車輪がついていて走ってひっぱりますが、

ふとん太鼓は約3トンにもなる重いふとん台を担ぎます。

大きなふとん太鼓が担がれ動く様子は、迫力満点です。

開口神社の八朔祭では、芦原濱、大甲濱、隅田、新在家濱の

4台のふとん太鼓がでます。



















足並みが綺麗に揃うと、太鼓台が大きく揺らされ、
             垂らされた大きな房が大きく揺れます!




































9日の宮入りは、各太鼓台が時間をおいて、それぞれの宮入りを行います。






10日は、4台の太鼓台が続けて宮入りし、4台揃って担がれます。




岸和田だんじり祭

      岸和田だんじり祭
                            2016.9.17 撮影






9月17日、岸和田だんじり祭りに行ってきました。

みんな、走る、走る、走る!

屋根の上では、大工方が飛び跳ねる!

迫力満点です!!




























平成OSAKA 天の川伝説

    平成OSAKA天の川伝説        2016.7.7






平成OSAKA天の川伝説、7月7日、大阪天満橋付近の大川で行われました。
大川に、青いLEDの「いのり星」を流して、川面に天の川を描きます。







早い時間のライトアップが始まり船が行き交う前の様子を、暗めに撮ってみました。
こちらの方が、ムードあるかも!



プロフィール

masato

Author:masato
お祭りや季節の風景の写真を撮っています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR