FC2ブログ

京都 石座(いわくら)の火祭り

10月22日、京都岩倉へ「石座(いわくら)の火祭り」に行ってきました。



岩倉実相院の北側にある石座神社です。
早朝の2時頃から、人々が集まってきます。

昔、この地に雄・雌の2匹の大蛇がおり、住民を悩ませていました。
お告げにより、神前に松明に火をともすと、大蛇は来なくなったそうです。



大蛇を見立てた大松明2基が、境内の参道両側に横たわります。
大松明は、長さが約8mもあります。



2時半頃、御旅所である山住神社より、松明・剣鉾・御供え物を携えた行列が到着しました。



各町毎に仮屋で、食会が催されます。



3時頃、いよいよ大松明に点火です。






大松明に立てられた神木は、火が近づくと根元の方に移動させられます。



拝殿では、巫女さんにより、神楽が奉納されます。



大松明の火は、ますます大きくなり、天をも焦がす勢いです。



火の勢いがあまりに強く、熱くて近寄れません。
拝殿側と石段側(こちら側)に別れて、しばし炎を観賞です。



あんなに大きかった大松明は、今はこんな姿になりました。
大蛇も恐れをなして、民家に近寄らなくなったのかもしれません。



5時少し前に、子供神輿が、一足先に出発です。



5時半頃、大松明も燃え尽きて灰となりました。
濡らしたむしろで、灰を移動させます。まさに人間ブルドーザです。



6時頃、御神輿がおろされ、石座神社を出発します。
空が白みかけた明け方、行列は岩倉の町内へ向かいます。



途中、先に出発した子供神輿が合流します。



7時前に、一行は、御旅所である山住神社に到着です。



御神輿が納められて、朝神事は終了します。
午後から、昼神事として、山住神社から石座神社へ戻られるそうです。
スポンサーサイト



東林院 「梵燈の明かりに親しむ会」

妙心寺にある東林院の「梵燈の明かりに親しむ会」に行ってきました。




          


蛍光灯の明かりを消して、ロウソウの明かりに包まれて・・・


今年のテーマは、「日々是好日」だそうです。
人生は、喜怒哀楽の繰り返し。
笑う時には笑い、泣く時には泣く。それを、ありのままに素直に受け止める。
そこに感動があり、生きる喜びも湧いてくる。



「日々」と「是」の文字の間に、小さいロウソクで「好日」が浮かびあがってます。







日常を忘れ、心静かに、暖かい時間を頂きました。
感謝感謝!

南京はぜ その2

10月12・13日の南京はぜです



奈良公園のものです
赤い葉っぱがちらほら
 
 
 
 
 
 
 
 
 


種もしっかりついています 
 
 
近所の公園のものです
紅葉は、まだまだです                                   少し色付いています




 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
 
 
 
 
 


 
 
 
 
 

 
      
 
 
最後に、うちの庭のものです
もう真っ赤かです


 
秋本番が楽しみ♪

出町

今出川通りの賀茂大橋から、北を望みます。
左手北西から流れてくる賀茂(加茂)川と、右手北東から流れてくる高野川が合流し一本となります。
ここから下流が鴨川です。
正確には、河川法では賀茂川も鴨川だそうです。
ぎゅっと詰った京都の中でも、広々とした風景が広がります。




 
 
 川原には、亀の形をした飛び石も
 あります。
   
  
 
  


       出町と言えば、
       和菓子の「ふたば」さん。

名物「豆餅」と「栗餅」です。
お餅のほんのりとした塩味が美味しい
ですよ。
一度、ご賞味あれ! 


南京はぜ

   南京はぜです。
   近くの公園にある南京はぜの葉はまだ緑色ですが、
   うちの庭のものは、こんなに紅葉しました。





常林寺 萩の花





 常林寺の萩の花です

 京都、京阪出町柳駅のすぐ南

 参道を覆うように咲きほこる萩の花

 素敵でした

(写真は、9月20日のものです)


プロフィール

masato

Author:masato
お祭りや季節の風景の写真を撮っています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR