FC2ブログ

葵祭 「路頭の儀」














5月15日、葵祭り。
下鴨神社での「社頭の儀」に続き、上賀茂神社へ向かう行列「路頭の儀」を参拝します。
場所は、加茂街道、北山大橋を少し上がった所です。

スポンサーサイト



葵祭 下鴨神社「社頭の儀」















5月15日、京都では葵祭り。
京都御所を出発し、行列は下鴨神社へ向かいます。
その後、行列は上賀茂神社へと進みます。
この行列を「路頭の儀」と称し、下鴨・上賀茂両社では「社頭の儀」と称する祭事が行われます。
と言うことで、下鴨神社の「社頭の儀」と下鴨神社から上賀茂神社へ向かう「路頭の儀」を
参拝させていただきました。

京都 大田神社のかきつばた





京都上賀茂 大田神社のかきつばたです。
境内右手の大田ノ沢に、平安時代から野生で群生しているとのことで、
国の天然記念物にも指定されています。
平安人も、この同じかきつばたを眺めていたのかと思うと、歴史を感じますね。












葵祭 斎王代禊の儀







5月4日、下鴨神社の斎王代禊の儀を参拝させていただきました。
葵祭りは、5月15日の行列だけでなく、その清めのための前儀として様々な祭事が行われます。
現在の葵祭りの主役「斎王代」が身を清める禊の儀、下鴨神社と上賀茂神社で毎年交代で行われますが、今年は下鴨神社行われました。
十二単に身を包んだ斎王代が、境内の御手洗池に手を浸します。
源氏物語に出てくる六条御息所と葵上が場所取りを行う「車争い」の場面、
斎王が身を清める御祓神事の行列を見学する際のこと、つまりこの祭事への道中とのことです。
すごい歴史を感じますね。
恐ろしい怨霊に襲われないように、譲り合って、艶やかな歴史絵巻を楽しみましょう!


















プロフィール

masato

Author:masato
お祭りや季節の風景の写真を撮っています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR