FC2ブログ

北野天満宮 2月25日の梅

2月25日、北野天満宮に行ってきました。

2月25日と言えば梅花祭、神事に加え、上七軒の芸舞妓さんによる野点が行われます。

ですが、都合で、神事や野点が始まる10時前には天満宮を後にしたため、梅の様子だけ、お届けします。
 
 
今年の梅は遅れているようですが、さすが梅の名所の天神さん、梅の花もちらほら咲き出していました。
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 
野点に向かう上七件の芸舞妓さんです。
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 
蝋梅は満開、というより少し見頃を過ぎていました。
 

 
 
 

 
 
 
梅もこれからが見頃、今年の梅はどうなんでしょう。楽しみですね。
スポンサーサイト



デジブック 『長谷寺♪だだおし』

2月14日の長谷寺 「だだおし」、前回までに紹介した写真を含めてデジブックを作りました。
よろしければご覧ください。
 

奈良 長谷寺 「だだおし」 本編

2月14日、奈良の長谷寺。
山伏の護摩焚きも終わった午後3時頃、本堂にて「だだおし」が行われました。
「だだおし」は、正月法要である修二会の最後におこなわれる行事です。
かつて長谷寺の近くに住む悪鬼が出没し里人を困らせたため、修二会の法力で追い払ったことにちなみ、鬼払いが行われます。

まず、本堂内で法要が行われます。
 

 
 
 

 
 

堂内の法要が終わると、堂内に赤・青・緑の鬼が登場し、暴れる鬼達を僧侶達が追い出します。
堂外に出た鬼を追って、男衆が松明を担いで本堂の周囲の回廊を回り、火の勢いで鬼を退治します。
最初に回廊に登場したのは、青鬼。

 
 
 

 
 
 

 
 
 
次に登場したのは、緑鬼。

 
 
 

 
 
 
松明で鬼を退治するとのことですが、どう見ても、鬼が松明を従えてです。

 
 
 
本堂横の狭い回廊。国宝の本堂に火がついては大変と、僧侶の方が、水をかけます。
この僧侶の方、火のついた松明から落ちた木片を、素手で拾ってました。手を火傷されたんでは・・・

 
 
 
最後に登場したのは赤鬼。

 
 
鬼は、観客に襲いかかります。

 
 
 
赤鬼さんは、大人気です。

 
 
 
ここで鬼より怖いのは、松明です。狭い回廊から、観客席側にはみ出してきます。
松明が来ると、撮影どころではなく、必死で逃げないと大火傷です。

 
 
 
鬼が退散した後、松明はすぐばらばらにされます。
この燃え残った木片、無病息災・家内安全のご利益があるそうです。

 
 
 
皆さん争って、燃え残った木片を持っていきます。

 
 

鬼達も結構のっていて、楽しい行事です。

奈良 長谷寺 「だだおし」 護摩焚き編

2月14日、奈良の長谷寺で行われた「だだおし」に行ってきました。
「だだおし」は、正月行事である修二会の結願法要です。

「だだおし」の前、正午頃に、山伏姿の僧侶方による護摩焚きがありましたので、
その様子から紹介します。
 
 

 
 
 
本堂へは、長い登廊を登っていきます。

 
 

長谷寺は「花の御寺」として、四季の花々が楽しめます。
2月のこの寒い時でも、寒牡丹が咲いてました。
 
 
 
もう一つ、蝋梅も満開です。

 
 
 
山伏による護摩炊きです。

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 

小雨が降る中での護摩焚き、もの凄い煙となりました。

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 

護摩炊き法要を行う山伏姿の僧侶の方の所作、どれも凄く迫力のあるものでした。
「だだおし」はまだ見ていないんですが、護摩炊きだけ見て、もう満足です(笑)
 
「だだおし」本編は、次回紹介します。

京都 石塀小路

年末から仕事が忙しくなり、大好きな京都へ行けていません。
写真も、正月行事や節分にも参加できず。
そんな訳で、撮り溜めた写真からです。
 
 
八坂さんから清水さんに行く道のやや東側に、石塀小路があります。
情緒たっぷりの石畳の道が続きます。
特に雨の日の夕暮れは、石畳が輝き、素敵な光景です。
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 

3月の東山花灯路では、ここもライトアップされ、さらにいい感じになります。
(下の2枚は、2010年東山花灯路から)
 
 

 
 
 

プロフィール

masato

Author:masato
お祭りや季節の風景の写真を撮っています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR