FC2ブログ

宝筐院の紫陽花

昨日の嵯峨野宝筐院(ほうきょういん)の続きです。
昨年、数は少ないながら様々な種類の紫陽花を見せて頂き、今年もやってきました。
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 
今年は、少し早かったのか、花が少な目でした。代わりに、たくさんの虫達が遊ぶ姿を楽しみました(笑)
今日あたりは、もっと咲いてるんでしょか。
 
ここは、人力車のコースになっているんでしょうか。 この時期に訪れるのは、人力車で案内された観光客とカメラマンだけ。 静寂の時間と綺麗な光景を堪能できます。
 
写真をデジブックにしましたので、よろしければご覧ください。
 
スポンサーサイト



宝筐院のサツキ

6月17日、京都嵯峨釈迦堂のすぐ近くにある宝筐院(ほうきょういん)に行ってきました。
宝筐院は、紅葉の名所です。ということで、この時期は、青紅葉も綺麗です。
昨年この時期にここを訪れ、数は少ないですが綺麗な紫陽花を見せて頂き、今年も紫陽花を楽しみにやってきました。
ところが、紫陽花は咲いていましたがやや少なめ、少し早かったようです。
代わりに、とても綺麗なサツキを見せて頂きました。
 
境内に入ると、緑いっぱい、やっぱり青紅葉が綺麗です。
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 
参道脇のサツキ、グラデーション付きです。
 

 
 
 

 
昨夜の雨が、お庭のあちこちに水溜まりを作っています。
 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 
境内には、花菖蒲も咲いています。
 

 
 
 

 
 
 
紫陽花は、次回に紹介します。

真如堂の菩提樹と沙羅双樹

京都洛東、真正極楽寺真如堂です。
こちらにも、前回の法金剛院と同じように、仏教の3聖木の二つ、沙羅双樹(さらそうじゅ)と菩提樹(ぼだいじゅ)の木があります。
菩提樹は、お釈迦様が、その木の下で悟りを開いたといわれる木。
沙羅双樹は、お釈迦様が、その木の側に横になり、そのまま亡くなられた木。
仏教3聖木のもう一つは、無憂樹(むゆうじゅ) という木で、お釈迦様の母がその木を折ろうとした際に、お釈迦様が産まれたとされています。
菩提樹も沙羅双樹も、日本ではインドと違う木をそう呼んでいますが、無憂樹は日本で代わりに呼ばれる木もないそうです。
 
 
 


本堂前の右手の大きな木が菩提樹、左手の木が沙羅双樹です。
 
 
 


こちらの沙羅双樹も花はこれから、まだ蕾の状態で、かろうじて一輪開きかけのものがありました。
 
 
 

 
 
 


一方、菩提樹の方は小さな花をたくさん咲かせていました。
 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
菩提樹の花に包まれて・・・♪ 悟りとまではいきませんが、なんとなく幸せな気分です♪
 
 
 

 
真如堂は、この時期、青紅葉でいっぱいです。
 
 
 

 
 
 


 
 

法金剛院の紫陽花と沙羅双樹

6月17日、京都花園の法金剛院へ行ってきました。
法金剛院は、関西花の寺の一つで、特に蓮が有名ですが、他にもたくさんの花が楽しめます。

今回の目的は、沙羅双樹と紫陽花です。
 
祗園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。娑羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらわす。

沙羅双樹、平家物語の冒頭に出てくる植物です。また、お釈迦様が亡くなる時、側で咲いていた花です。
ただ、インドの沙羅双樹は別種で、日本では夏椿を沙羅双樹と呼んでいるそうです。
 
法金剛院の沙羅双樹は、外門をくぐり、中門の玄関先に、1本の木があります。
 


 
 

 
木には一輪の花、下には花が房ごとまばらに落ちていました。
境内にも、数本の沙羅双樹の木がありますが、こちらはまだ蕾の状態で花をつけていませんでした。
まだ、少し早かったようです。
 
 
 

 
 
 

 
 
境内には、中央の苑池の回りに菖蒲の花、そしてその周りに紫陽花と、花でいっぱいでした。
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 
お釈迦様に因んだ木として、お釈迦様がその下で悟りを開いたという菩提樹の木があります。
法金剛院には、菩提樹の木もあり、ちょうどたくさんの花をつけていました。
 

 
 
 
そして蓮の花、一輪だけ綺麗に咲いていました。
さすが、蓮の寺、法金剛院です。
 

 
 
 


 

安楽寺のサツキ

少し時間が経ってしまいましたが、6月3日、京都哲学の道の近く、安楽寺に行ってきました。
安楽寺は、普段非公開なんですが、春の桜の頃、ツツジの頃、サツキの頃、そして秋のもみじの頃に公開されます。
今回は、サツキの花の開花に合わせた特別公開です。
 
 
 

 
いつも楽しませてもらっている門前の風景。ここだけでも、結構見応えのある風景です。
 
 
 

 
境内に入ると、あちこちでサツキが咲いています。
 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 

満開とまではいきませんでしたが、これが一気に満開とれば、凄い光景でしょうね。

勧修寺 菖蒲と睡蓮と鯉

6月3日、折上稲荷祭の前に、六地蔵の大善寺の次に訪れたのは、勧修寺です。
地名は「かんしゅうじ」と読みますが、寺の名前は「かじゅうじ」です。
醍醐天皇が創立した門跡寺院です。
 
 
宸殿。江戸時代、明正天皇の御殿を賜ったものだそうです。
 

 
 
 
臥竜の老梅。親子孫と三代の梅が連なっています。
 

 
 
 
勧修寺型灯籠。黄門さまこと水戸光圀公が考案し寄進されたものといわれています。
京都へ来られたら 必ず見て『通(とう)ろう』と言われているとか。
 

 
 
 
芝生の向こうには、氷室池があります。
 

 
 

氷室池は、この時期、菖蒲が咲き、水面には睡蓮が広がります。
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 
池には、錦鯉がゆったりと泳いでいます。
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 
この真っ白い中に綺麗な黄色の花、見るといつも、ゆで卵を思い浮かべます。
 

 
 
 

 
 
 
中門の前のサツキも見頃を迎えていました。
 


 

京都六地蔵 大善寺

 6月3日、折上稲荷祭に行きましたが、それに合わせて山科あたりを巡りました。
 
まずは、六地蔵の大善寺。
 
平安時代の官人で、この世とあの世を行き来し閻魔大王の裁判を手伝ったといわれる小野篁(おののたかむら)が、あの世で地獄で苦しむ人々を救っている地蔵菩薩に出会い、そのことを知らしめるために、六体の地蔵菩薩像を刻み、それを大善寺に祀ったとされています。その後、平安後期に都で疫病が流行り、後白河天王がそれを鎮めるため、平清盛に命じ、この六体の地蔵菩薩像を都の街道の出入り口に祀らせました。
8月22日、23日、この六ヶ所の地蔵菩薩を巡りお参りする「六地蔵巡り」が行われ、京の伝統行事になっています。
 
 

 
 
 
ここを訪れた目的の一つ、境内のサツキもちょうど見頃でした。
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 
地蔵菩薩がおられる六角堂です。
 

 
 
 
綺麗なお顔のお地蔵様です。
 

 
 
 

京都山科 折上稲荷祭

6月3日、京都山科の折上稲荷祭に行ってきました。

江戸時代、孝明天皇が即位の際に多くの女官が病気になり、折上稲荷神社で祈祷したところ、病気は回復したそうです。それ以来、折上稲荷は、働く女性の守り神として信仰されています。
ということから、稲荷祭の神輿に女性の担ぎ手も登場します。それも、女性だけの女神輿を担ぐのではなく、男性に交じって同じ神輿を担ぎます。ただ、女性の人数が圧倒的に少ないですが・・・
それに、子供神輿も出るのですが、子供神輿の子供たちはキツネのお面をつけます。
小さな子キツネ達が境内で遊ぶ姿が、とても可愛かったです。
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 


 
プロフィール

masato

Author:masato
お祭りや季節の風景の写真を撮っています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR