FC2ブログ

祇園祭 花傘奉納舞踊

祇園祭シリーズ、昨日の続きです。
7月24日、祇園祭の花傘巡行が終わると、八坂神社の舞殿では奉納舞踊が行われます。
 
 
 

 
祇園太鼓です。
 
 
 

 
六斎。
 
 
 

 
祗園甲部の芸舞妓さんによる雀踊りです。
 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
境内には、見学の芸舞妓さんも。
 
 
 

 
 
 

 
宮川町の芸舞妓さんによるコンチキ音頭です。
 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
                鷺踊りです。
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
最後は、万灯をどりです。
 
 
 

 
 
 

 
 
 
キレイどころばっかり撮ってしまいました(笑)
 
 
 
 
 
スポンサーサイト



祇園祭 花傘巡行

7月24日、祇園祭 花傘巡行。
 
山鉾巡行は、かつて7月17日(前祭)と24日(後祭)の2回に分けて行われていました。
ところが、昭和41年に、後祭が17日に合流し、後祭の行事が無くなってしまったので、
それに代わるものとして始まった行事です。
 
山鉾や神輿が勇ましいのに比べ、女性や子供達が中心の華やかな行事です。
 
午前10時、八坂神社石段下からスタートです。
 

 
 
 


最初は、可愛い子供神輿です。
 
 
 

 
 
 

 
花傘巡行旗に続き神饌行列、神饌花車と続きます。
 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
祇園甲部の芸舞妓さん。
 
 
 

 
宮川町の芸舞妓さん。
 
 
 

 
鷺踊り。
 
 
 

 
 
 

 
最後は、長刀鉾の祇園囃子です。
 
 
 
巡行列は、四条通りから、市役所、寺町の御旅所を回って、再び八坂神社に戻ってきます。
 

 
西門から、子供神輿が帰って来ました。
 
 
 

 
境内で、神輿の差し上げです。
 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 
この後、舞殿では、舞踊奉納があります。
その様子は、次回紹介します。
 

祇園祭 神幸祭

祇園祭、7月17日に山鉾巡行が終わると、午後5時からは神幸祭が行われます。

町衆の祭である山鉾に対し、八坂神社の神事としての行事です。
八坂神社の御祭神を三基の神輿にお乗せして、四条寺町の御旅所までお連れします。
 
 

 
八坂神社石段下です。神輿の担ぎ手が、四条通りをやってきます。
 
 
 

 
いよいよ神輿渡御の開始です。久世稚児等の先導行列が進みます。
 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
中御座の神輿です。主祭神のスサノヲノミコトをお乗せしています。担ぐのは三若神輿会。
 
 
 

 
 
 

 
東若御座の子供神輿です。
 
 
 

 
続いて、四若神輿会に担がれた東御座の神輿です。スサノヲノミコトのお后のクシイナダヒメノミコトをお乗せしています。
 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 

 
最後は、西御座の神輿。両祭神のお子さんであるヤハシラノミコガミをお乗せしています。 担ぐは、錦神輿会。
 
 
 

 
 
 

 
三基がそろったところで、ちょっとご挨拶。門川京都市長に続き、山田京都府知事ははっぴを着て登場です。
 
 
 

 
 
 

 
 
 
 

 
その後、三基の神輿が同時に回転したり、差し上げをしたり、石段下は凄い光景が広がります。
 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 
しばらくすると、三基の神輿は、それぞれのルートで、四条寺町の御旅に向けて進んでいきました。

祇園祭 山鉾巡行(後編)

祇園祭シリーズの続きです。
 
7月17日、山鉾巡行、くじ改めを見た後、新町御池にやって来ました。
着いた時には、交差点近くには既にたくさんの人が。 仕方ないので、少し離れた所へ。
朝も長刀鉾のお稚児さんが鉾に乗り込む所を見たんで、ついでに降りる所でも見学です。
 
しばらくすると、長刀鉾がやって来ました。
 

 
 
 


お稚児さんは、ここで鉾を降ります。下りる時も、強力に担がれてです。
 
 
 

 
 
 

 
お稚児さんが降りた長刀鉾、辻回しをして新町通りを南下します。
ちょっと遠いので、辻回しの迫力が足りませんね(笑)
 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
新町通りは、これまでの通りと違い、狭い通りです。
大きな山鉾が、すぐ目の前を通ります。迫力満点です。
 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 

 
 
これで、山鉾巡行はお終いです。暑い一日、お疲れ様でした。
でも、これで祇園祭が終わった訳ではありません。
祇園祭は、本来は八坂神社の例祭です。 今夕、八坂神社の神輿が繰り出します。
その様子は、次回紹介します。

祇園祭 山鉾巡行(前編)

7月17日、山鉾巡行の日を迎えました。
鉾町では、巡行の準備が始まっています。
前掛胴掛に掛けられていたビニールが外され、見事な懸装品が現れます。
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 


真っ青な空、今日も暑くなりそうです。
 
 
 

 
長刀鉾では、お祓いです。
 
 
 

 
長刀鉾のお稚児さんが出てこられました。
鉾に乗る唯一の生稚児(いきちご)です。
このお稚児さんは、正五位少将の位を持ち「神の使い」です。
ですから、自らは地面に足をつけて歩かず、強力に担がれて、鉾に向かいます。
 
 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
お稚児さんが乗り込み、準備完了。
長刀鉾が動き始めます。
 
 
 

 
お稚児産さんが、稚児舞を舞っています。
 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 

 
山のような鉾が、目の前を過ぎて行きます。
 
 
 

 
 
 


くじ改めです。くじ取り式で決まった順番通りか確認されます。
 
 
 


順番が確認されると、扇子を高く掲げ、山鉾に進行の合図をします。

いよいよ巡行も本番です。

祇園祭 宵山(夜)

祇園祭、前回の続きです。

16日、宵山です。
夕方が近づくと、駒形提灯に灯が入り、祇園囃子が演じられます。
 

 
 
 

 
人も多くなり、宵山ムードたっぷりです。
 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
山や鉾の横では、「ちまきどうですか~♪」と少女達の可愛い歌声が響きます。
山や鉾それぞれ独自の歌を持っていて、聞き比べるのも面白いです。
 
 
 

 
 
 

 
 
 


幕末に焼失し、2014年の復活を目指す大船鉾のお囃子です。
 
 
 


フィラメント電球。節電のためLED化の流れから、そのうち見ることができなくなるんでしょうね。
なんで、こんなのものを使っているんやと怒らないでくださいね。
企業や大きな公共団体なら対応できるでしょうけど、地域の人達で運営されている山や鉾では、対応も大変です。
 
 
 

 
 
 

 
今回、ブロ友さんが同じ日に祇園祭見学とのことで連絡を取りながらの見学です。

「函谷鉾の提灯落としの時間よ!」 
函谷鉾の提灯落とし、知りませんでした。
急いで、函谷鉾へ。場所取りまでして頂いてました。

ブロ友さんの後ろ姿、木蓮さんとそのお友達のトミポンさんです。
 
 
 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 
祇園囃子が止まったかと思うと、
提灯の灯が消え、提灯が一気に落下します。
お見事です!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ここで、ブロ友さんとも、一旦別れて、再度宵山をブラブラします。
 
 
 

 
 
 
夜も遅く11時を過ぎ、ブロ友さんと、南観音山で合流です。
こんな遅くに、他にも人がぞくぞくと集まってきます。
あばれ観音、宵山の日の深夜、南観音山で行われる行事です。
観音様を布でくるみ台座に縛り付け、町内を走ります。山の横と町内の橋で、観音さまを上に下に横にと激しく揺さぶります。
南観音山の北側に北観音山があります。南観音は北観音が大好きで、そのまま巡行が始まると、恋心から他のことが見えなくなり、暴走してしまうと言われています。そこで、前日の夜に暴れさせ少し心を静め、巡行の間は座って頂こうということだそうです。
 
 

 
 
 

 
実は、昨年の僕のブログの写真に、ブロさんの手が写っていたそうです。
と言うより、ブロ友さんが、僕の写真をじゃましていました(笑)
僕は踏み台を持っていたので少し横に撮影場所を決め、踏み台のないブロ友さんには、もっと観音さんが走る方へと追いやったのですが、くやし~い!
僕は、ピントが合わないフラッシュが光らないと、写真は散々。
でも、ブロ友さんは、ばっちり最高のショットです。
ブロ友さんの手を写し込まなかったので、観音さんのバチが当たったのか(笑)
ブロ友さん、来年は、また手を撮らせてね!
 
あばれ観音が終わってからは、四条通りへ。

函谷鉾が近づくと、ブロ友さん走る、走る。 お友達と僕を置いて、走ります。
どこにそんな元気残ってるの!
函谷鉾の日和神楽のお囃子が終わると、ちまきが投げられました。
 
 


 
 

 
 
ブロ友さん、ちまきゲットです。さすがです。
このちまき、お近づきの印に僕に下さいました。
木蓮さん、ありがとうです。来年まで、元気に頑張れます。
 
 
 
 
 
 
 
 
さあ、随分遅くなったので、ホテルに戻ります。
もちろん、別々のホテルにですよ(笑)
 

祇園祭 宵山(昼)

祇園祭、今年は出陣が遅くなり、16日17日と出掛けてきました。
いつものように何回かに分けて紹介します。
 
今回は、ブロ友の木蓮さんがお友達のトミポンさん二人で、同じ日に祇園祭見学とのことで、
情報交換しながら、回らせてもらいました。
 
 
まずは、16日の朝。やはり八坂さんにお参りしなくてはと、八坂さんです。
 

 
 
 

 
午前9時からは、献茶祭です。表千家家元による茶席が設けられます。
着物姿のお姉様方がいっぱいです。
 
 
 

 
舞殿には、神輿が並んでいます。明日の神幸祭が楽しみです。
 
 
 

 
能舞台では、長刀鉾の祇園囃子が演じられていました。
 
 
 

 
八坂さんから、四条通りを鉾町へ。一番東にあるのは、巡行の先頭を務める長刀鉾です。
ここから烏丸通りを渡り、四条通りを挟んだ北側と南側に鉾や山が並んでいます。
 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 


この中に四匹の金の鯉がいます。見つけると、今年の運勢はバッチリOKとか!
なんとかわかるように写真に撮るのに苦労しました。
わかりますか?ヒントは、真ん中の列にいます!
 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
保昌山、一つだけ少し離れた所にありますが、ちょっと人気の山です。
なんたって縁結びの山です。
この辺りから、ちょっと疲れが!
 
 
 

 
 
 

 
ここまで来たんで、菅原道真のお家があったとされる菅大臣天満宮へやって来ました。
お参りして、ちょっと休憩。
木蓮さんには、「なんで横にそれてるん」と怒られました!
 
 
 

 
 
 

 
 
 
ここで、ちょっと一休み。
この続きは、次回紹介します。

白峯神宮 小町踊り

7月7日、白峯神宮の小町踊りに行ってきました。
 
小町踊りは、奈良時代、7月7日の乞功奠(きこうでん)という宮中行事に、和歌を届ける文使いのお供の娘達が、その道中で歌い舞った踊りが起源とされています。その後、これが民間で七夕の風習となり、元禄の頃に西陣界隈で流行ったそうです。 白峯神宮で、地元の少女達によって、小町踊り報告祭として、その踊りが披露されます。
 
小町踊りの前には蹴鞠もあるのですが、今年は都合で小町踊りが始まる少し前の到着となりましたので、踊りの写真だけ少し紹介します。
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

2回目の踊りには、織姫と彦星も登場します。
 
 
 

              まるで、お人形さんみたい・・・
 
 
とっても愛らしく、素敵な小町たちでした。
 
 
 
 
 

平成OSAKA天の川伝説 2012

7月7日、大阪の大川で行われた「平成OSAKA天の川伝説2012」に行ってきました。
 
川面に「いのり星」と名付けられたLEDの球を浮かべ天の川を再現させるこの行事も、今年で4回目、すっかり大阪の七夕の風物詩となりました。
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 
今年は,八軒家浜の川沿いのほとんどが特別観覧エリアとされ、「いのり星」の放流券付きの入場券(1000円)を購入しないと入れなくなっていました。それに「いのり星」をもらって流すにも、長蛇の列・・・ 赤や黄色の派手な船が、「いのり星」の中に割り込み、それはそれで綺麗なんですが・・・
「いのり星」が綺麗につながって、川の形になってくれるかな~!と素朴に眺められた昨年までに比べ、個人的にはやや興ざめの今年でした。 でも、来年もきっとまた来ているでしょうね(笑)

上賀茂神社 人形流し

6月30日、夏越の祓え巡り、最後は上賀茂神社の人形流しです。
 
この様子は、小倉百人一首の一つ
    「風そよぐ ならの小川の夕暮れは 禊ぎぞ 夏のしるしなりけり」
と藤原家隆の歌にも詠まれています。
 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 
 
 
    上賀茂神社の人形です。
    ここに名前と年齢を書きます。
    そして息を吹きかけ、自分の穢れ・罪を、人形に移します。
    体に悪い所があれば、そこを人形で撫でるといいそうです。
    この人形は、午後8時から行われる人形ながしで、神職の方が、
    お祓い詞を唱えながら、ならの小川に流し、お祓していただけます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
当日は、午後から雨も降り出し、心配されたのですが、神事が行われる頃はたまに小雨が混じる程度で済みました。
午後8時少し前、川の中に置かれたかがり火に火が点けられ、辺りは幻想的な風景に包まれます。
 
 

 
 
 

 
 
 
かがり火の火が落ち着いた頃、神職の方が登場され、お祓い詞が流れる中、橋殿の上から人形が次々とならの小川に流されます。
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 
布の切り裂きも行われました。布が裂ける時の音が、お祓いとなるそうです。
 

 
 
 
最後に、神職の方がご自身の人形流しをされて、神事は終了です。
 

 
 
 
上賀茂神社の夏越の大祓え、人形流し、京都の夏越の祓えのトリを務めるに相応しい素敵な神事です。
 
プロフィール

masato

Author:masato
お祭りや季節の風景の写真を撮っています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR