FC2ブログ

御香宮神社 花傘総参宮

9月29日、御香宮神社の花傘総参宮にいってきました。
花傘総参宮は、御香宮神社の神幸祭にあたり、お迎え提灯として、各町内から花傘が神社に参拝します。
そのため、花傘まつりとも称せられています。
花傘総参宮は、神幸祭の一日目と八日目の夕刻午後7時頃から9時頃まで、
アーケードのある大手筋商店街を通り、神社へ参拝します。
 
29日は、台風も近づき小雨交じりの天候でしたが、たくさんの花傘が参宮されました。
 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 

たくさんの花傘、とっても綺麗で、踊りも迫力があり、面白い神事です。

花傘総参宮は、神幸祭八日目の10月6日にも行われます。
6日は、天気になればいいですね。
スポンサーサイト



初秋の真如堂

9月17日の真如堂の様子です。
 
青々としていた木々の葉も、少しずつ色づいてきました。
 

 
 
 
萩の花は、まだ少し早いですが、咲き出しています。
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 
百日紅の花、ピンクの花が少なくなっているのが、夏の終わり感じさせます。
 

 
 
 
コスモスも植えられています。
 

 
 
 
京都でも郊外まで行かないと見かけなくなった彼岸花も咲いています。
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 
酔芙蓉は見頃です。
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 
青空に、白い百日紅。こちらはまだ、夏が続いています。
 

 
 
 
境内には、赤く色づいてきた紅葉も見かけられます。
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 


秋は、もうすぐです!

上賀茂神社の萩

9月17日、ちょっと早い京都の萩巡り、上賀茂神社にやって来ました。
 
楼門前に、白と赤の萩の木があります。
 

 
 
 

 
 

こちらは、御手洗川沿いの萩の木です。
葵祭りのヒロイン斎王代が禊を行う斎場の両側に、赤と白の萩です。
 

 
 
 
今年5月4日に行われた斎王代禊の儀の様子です。
萩の木は、短く刈られています。
 


 
 
神聖な斎場にちょっと失礼します。
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 
突然の雨。
 

 
 
 
雨も上がりました。
 

 
 
 
角の生えた新種のカエル君(笑)
 

 
 
 

 
 
 
一ノ鳥居と二ノ鳥居の間には、広い芝生が広がります。
雨上がりに綺麗に晴れ、とっても気持ちいい光景です。
 


 

常林寺の萩

9月17日、ちょっと早い京都の萩を巡りました。

出町柳駅の近くにある常林寺です。
 
萩の寺と称せられるだけあり、境内は萩で覆い尽くされています。
参道も両側から枝が押し寄せ、萩の中に埋もれてしまいそうです。
花の見頃にはまだまだ早いかなと思ったのですが、結構花は咲いていました。
もちろん満開はまだ先です。
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

石清水祭 放生会・胡蝶の舞

9月15日の石清水祭の続きです。
御神霊を乗せた神輿行列が、深夜に山を降り頓宮に入った後、午前8時頃、放生会が行われます。
石清水祭は、863年の石清水放生会がその起源だそうです。
放生会では、放生川に魚を流し、鳥を放します。
また、放生川に架かる安吾橋(太鼓橋)の上では、胡蝶の舞が奉納されます。
 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 
次は、胡蝶の舞です。
 

 
 
 

 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 


 
石清水祭は、この後も、一日中様々な神事・行事が行われます。
 
歴史もあり、内容も凄い大祭ですが、それほど知られておらず、参拝されているのも地元の方が中心です。
観光のためではなく、かたくなに神事を貫いているんですね。
それだけに、余計に魅力的なお祭りです。

石清水祭 頓宮神事

9月15日の石清水祭の続きです。
早朝と言うよりも深夜に、山上の本殿から降りてきた行列は、絹屋殿での神事の後、頓宮に入ってしまいます。
その後、頓宮内で、様々な神事が行われます。

頓宮前から、その様子を一部紹介します。
 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 
御馬牽廻(おんうまけんかい)です。
 

 
 
 

 
 

地元・八幡の産土神として鎮座する摂社の高良社に、朝御餞(あさみけ)をお供えします。
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 

絹屋殿での神事は、さながら葵祭りの社頭の儀のようです。

歴史ある大祭であることが伺えます。

石清水祭 絹屋殿神事

9月15日、京都八幡の石清水八幡宮で、石清水祭が行われました。
石清水祭は、清和天皇の貞観5年(863年)に、生き物の平安と幸福を願う放生会として始まった歴史を有し、葵祭りを「北祭」と呼ぶのに対し「南祭」とも呼ばれた大祭です。
また、天皇からの勅使が出席される勅祭でもあり、葵祭りと奈良春日大社の春日祭と共に、三大勅祭の一つです。
 
祭は、午前2時に始まり、男山山上の本殿から、神霊を載せた神輿3基が、約500名のお供とと共に、真っ暗な中を松明と提灯の灯りだけを頼りに、山を下ります。
途中、3時40分頃、山麓の絹屋殿で里神楽や太平楽奉納があり、それが終わると、行列はさらに進み頓宮に入られます。
その後、頓宮内では様々な神事が行われますが、頓宮内に入れるのは参列者のみですので、一般の見学者は見れません。
また朝8時頃、放生川で放生会と、安吾橋(太鼓橋)で胡蝶の舞が奉納されます。
その後、夕刻に、還幸の儀として、神霊は山上の本殿にお帰りになります。
 
今回は、この内、絹屋殿での神事と放生会・胡蝶の舞を見学しました。
 
 
まず、絹屋殿著御の儀です。
 
 

 
行列が到着する少し前、かがり火に灯がが入ります。
 
 
 
行列の到着です。
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 
神輿の前で、里神楽が奉納されます。
 

 
 
 

 
かがり火に照らされ、幻想的な踊りです。
 
 
 

 
 
 

 
フラッシュ光を、ちょっと拝借!
 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
神事が終わると、行列はさらに進み頓宮に入ります。
 
行列の安全上の問題から、フラッシュ撮影は禁止とされています。
絹屋殿での神事はどう解釈すればいいのか。
警備の人が時々注意されてますが、山麓に集まった一般の人は、そんなこと知らないので、時々フラッシュが光ります。
僕も、初めて訪れた時は、知らずにフラッシュを使用していました。
今回は、フラッシュ無しの撮影で、月明かりもなく暗い中、シャッター速度も上げれずブレブレ、ノイズもぎりぎりと、お見苦しい写真となりました。
 
写真はさておき、早朝というよりも深夜に、篝火だけの薄暗い中で行われる神秘的な神事、幻想的で魅力的なものでした。
 
放生会と胡蝶の舞は、次回報告します。
 

堺 開口神社八朔祭 新在家濱のふとん太鼓

9月7日、開口神社の八朔祭宵宮、芦原濱・大甲濱・隅田に続いて、最後は新在家濱のふとん太鼓です。
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 
 

 
 
宮入完了! おめでとうございます!
 
新在家濱も見事な担ぎっぷりでした。
 
芦原濱、大甲濱、隅田、新在家濱、同じふとん太鼓でも、太鼓台から担ぎっぷりまで、それぞれ違います。
見比べてみるのも面白いです。
 

堺 開口神社八朔祭 隅田のふとん太鼓

9月7日、開口神社の八朔祭宵宮、芦原濱・大甲濱に続いて、大南戸川隅田のふとん太鼓です。
 
隅田のはっぴは、上下黒。かっこいいです。
 
 

 
 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
足がぴったり、めっちゃかっこいいです。
 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
さあ、宮入りです。
 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 
紙吹雪、色が変わりました。前が見えません(笑)
 

 
何か打ち上げられました。
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ドサッ! 大量にそのまま落ちてきました。
 
 

 
 
 
隅田、担ぎ手に担ぎっぷり、めっちゃカッコ良かったです!
 
随分引っ張りましたが、次回は最後に新在家濱の紹介です。

堺 開口神社八朔祭 大甲濱のふとん太鼓

9月7日、開口神社の八朔祭宵宮、芦原濱に続いて、大甲濱のふとん太鼓です。
 
 

 
大甲濱のお姉さん達!
 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
左右の足が綺麗にそろっています。
 
 
 

 
 
 
足がそろうと、ふとん太鼓がゆっくり大きく揺れ、吊された房が綺麗に揺れます!
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 


宮入りです。
 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
空から、何か降ってきました。
 
 
 

 
 
 
なかなk綺麗な担ぎっぷりでした。
 
次回は、隅田です。
プロフィール

masato

Author:masato
お祭りや季節の風景の写真を撮っています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR