FC2ブログ

2012年を振り返り

12月31日、今年も今日一日となりました。

今年も京都が中心でしたが、大阪・奈良・滋賀へと色々な所へ出かけました。
拙い写真に文章も手抜き、そんなブログへ、たくさんの方に訪問頂きました。
本当に有り難うございました。
 
写真撮影では、行事が始まるまで顔馴染みの方と楽しく談笑し、また初めて会う方にも声をかけて頂き、
行事そのものより楽しい時間を過ごせたりもしました。
 
また、ブロ友さんとの撮影会も、いつもと違い、これまた楽しい時間でした。
 
それに、今年は、来年の京ごよみ手帳に写真を掲載頂きました。
これまでも、このようなことは単発ではあったのですが、今回は思いもよらず結構な枚数となりました。
 
ですが、自分の撮った写真を見て、去年の方が良かったんではと思うこともしばしば。
なかなか写真の腕も上達せず、後悔もありました。
 
ですが、無事、年末を迎えることができました。
今年一年、お世話になりました。
来年も、どうぞよろしくお願いします。
 
来る2013年が皆様にとって良い年となりますようお祈り申し上げます。
 
 
 


 
スポンサーサイト



中之島イルミネーション 冬物語

大阪中之島のイルミネーションです。
大混雑している「光のルネサンス」とは逆に、淀屋橋を西へ。
 
堂島川・ほたるまちの「中之島ウエスト冬ものがたり」です。
 
 
ほたるまち港:中之島ウォーターファンタジア
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 

新しくなったフェスティバルホール
 

 
 

中之島フェスティバルタワー:光のフェスティバル
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

ドイツクリスマスマーケット

クリスマスですね。
大阪の新梅田シティで行われているドイツクリスマスマーケットです。
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

えべっさんの火渡り神事 「やっさいほっさい」

いつも京都の話題が多いですが、今回は大阪です。

12月14日、堺市の石津太(いわつた)神社で「やっさいほっさい」が行われました。

七副神の一人、えべっさんは、3歳まで足が立たず、それが理由で海に流されてしまいます。
そのえべっさんが、石津の浜に瀕死の状態で流れ着きます。浜の漁師たちが108束の薪を燃やして、
えべっさんを暖めたといいます。そんな伝説に因んだ祭りです。
 
 
 

 
 

境内に積み上げられた薪に火がつけられます。
 

 
 
 
                          とにかく暑いです。顔が痛いです。
                          薪が燃え尽きるのを、ひたすら待ちます。
 

 
 
 
「竹入り」
薪がほぼ燃え尽きる頃、青竹を炎の中に突っ込み、薪をならして渡りやすくします。
 

 
 
 

 
 

「火伏せ神事」
竹入りが終わると、宮司さんが登場します。まだ燃え続ける薪の前で、邪気払いの九字を切ります。
 

 
 

「火渡り神事」
いよいよ火渡り神事です。えべっさん役の人を、3人で担ぎます。
 

 
 
 
                          最初に鳥居側から本殿側へ、火床の上を駆け抜けます。
 

 
 
 
バランスを崩してしましました。何とか、転がるように、火床の外へ。大事には至りませんでした。
 

 
 
 
2回目は本殿側から鳥居側へ。最後にもう一度鳥居側から本殿側と火渡りをします。
 

 
 
 

 
 
 
その後、神社の周りを3回、回ります。
 
それで神事が終わるわけですが、その神事が終わる前に、始まってしましました。
一般の人が火渡りをします。 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 
                          子供を肩車して!
 

 
 
 
赤ちゃんを抱いてまで!
 


 
 
ほれ行くよ!おかあちゃん怖いよ!
 

 
 
 
会社帰りのサラリーマン、スーツ姿で走ります。
 

 
 
 
大阪人って、あほでしょ(笑)
 
デジブックも作成しましたので、よかったらご覧ください。

京都残り紅葉 糺の森

下鴨神社の糺の森
京都で一番遅く紅葉が始まり、一番最後まで紅葉が楽しめる所です。
    (撮影日:12月9日)
    
普段はうっそうとした森も、木々が葉を落とし日が差し込み、この時期だけは明るい森に代わります。
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

京都残り紅葉 西山 光明寺

12月9日、紅葉も終盤になってしまい敷き紅葉なら、まだ間に合うかと、西山の光明寺へ行ってきました。
受付を済ませ境内へ。
なんと、紅葉参道脇に積もった敷き紅葉を回収している真っ最中です。
昨年も、今頃、修学院の鷺森神社へ参道の敷き紅葉を見に行くと、ちょうど落ち葉を回収し終えた直後でした。
鷺森神社は無料だけど、こちらは拝観料もとっており、参道の紅葉が売りなのに・・・
もっと早くこないとダメですね(笑)
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 


 

宝厳院の紅葉のライトアップ

12月も中盤になってしまいました。
でも、まだ未発表の紅葉の写真がありますので紹介します。
 
嵐山の天龍寺の塔頭の宝厳院です。
昼間の紅葉も綺麗ですが、ライトアップされた紅葉は、一層鮮やかで見事です。
                                       (撮影日: 11月28日)
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 

    
当日の写真で、デジブックを作りました。
よろしければ、ご覧下さい。
 

嵐山花灯路 その二

嵐山花灯路、前回アップできなかった写真です。
               (撮影日 12月8日、9日)
嵐山花灯路といえば、やはり竹林。
今年は、竹林あたりは一方通行となり、やや撮影しづらかったです。
 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

嵐山花灯路

12月8日、9日と嵐山花灯路に行ってきました。
すっかり恒例行事になった花灯路、今年も凄い人出でした。
 
 

 
 
 

 
 
 
オープニングイベントには、舞妓さんです。
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 
落柿舎です。
 

 
 
 

 
 
 
落柿舎ゆかりの柿の灯籠!
 

 
 
 

 
 

二尊院 紅葉の馬場です。まだ、紅葉が残っていました。
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

千本釈迦堂 大根焚き

12月8日、千本釈迦堂の大根焚きに行ってきました。
鎌倉時代に慈禅上人が大根の切り口に梵字(ぼんじ)を書いて魔除けにしたのが起源だそうです。
この大根を食べると中風にならないといわれます。
この時期、いくつかの寺院で大根焚きが行われますが、それぞれの関係はないそうです。
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 
かつては、丸い聖護院大根を使っていたそうです。
でも、現在は、数が間に合わず、長い大根を使用しています。
 
大きな大根3切れと油揚げで、1000円です。
 

 
 

家庭用の丸い大根も売られていました。
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 

みなさん、熱々の大根をほおばってます。
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 
真冬並の寒さの中、温かい大根焚き、体も温まり、とっても美味しかったです。
プロフィール

masato

Author:masato
お祭りや季節の風景の写真を撮っています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR