FC2ブログ

嵐山 斎宮行列

         斎宮行列
 

 
 
 
 
葵祭りでお馴染みの斎王代。
斎王は宮中から賀茂神社(下鴨神社・上賀茂神社)のお世話をするために派遣された
皇女です。現在の葵祭りでは、その役目をすると言う意味で代がついて、斎王代です。
斎王は、正確には、伊勢神宮と賀茂神社に派遣されていたので、それを区別するために伊勢神宮の斎王を斎宮、賀茂神社の斎王を斎院と呼んでいたそうです。
どちらも、その任務の前の数年の潔斎期間を、ここ嵯峨野の野宮神社付近で過ごしたとされます。
源氏物語でも、恋に破れた六条御息所が、斎宮となった娘に付き添い野宮に籠り、光源氏が野宮まで会いに来るといったシーンもあります。
斎宮行列は、そんな斎宮がこの嵯峨野の地を出発し、伊勢に赴く様子を再現したものです。
 
 
斎宮行列の出発は、野宮神社。
出発の前に、神事が行われます。
 

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 
いよいよ出発です。
 

 
 
 

行列は竹林を進みます。
 

 
 
 
 

 
 
 
 
        渡月橋を渡る行列
 

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 

中之島公園で記念撮影です。
 

 
 
 
 
最後は、大堰川船着き場の禊会場で
 

 
 
 
 

 

最後の禊会場は、台風の跡の護岸工事のためフェンスが張られており、金網越しにしか見えません。
そこで、顔見知りのカメラマンらと貸ボートへ。
おかげで、いいアングルのショットが撮れました。
スポンサーサイト



大将軍 妖怪仮装行列

大将軍 妖怪仮装行列
 
10月18日、大将軍商店街で行われた妖怪仮装行列に行ってきました。
平安時代、捨てられた古道具が妖怪に変化し、「百鬼夜行」と称し夜中に大行進したと言われています。
大将軍商店街のある一条通りは平安京の北端に位置し、そんな妖怪の通りに当たります。
そんなことから、一条通りを妖怪ストリートとして、妖怪による町おこしが行われています。
 
18日は、一条通りにある八神社の秋祭りに合わせて、モノノケ市(妖怪アートフリマ)と一条百鬼夜行(妖怪仮装行列)が行わました。
 
 
 
妖怪達もフリマで買い物です。
 

 
 
 
        たこせんを食べるキョンシー
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 
おじさんと、そっくりのお人形。 今年も会えました。
 

 

 

粟田神社 夜渡神事

粟田神社 夜渡神事
 
10月12日、粟田神社粟田祭の夜渡神事に行ってきました。
またまた随分遅れてのアップです。

今年の粟田祭りの神幸祭は台風のため残念ながら中止になりましたが、
その前日の夜渡神事は無事行われました。
 
知恩院の黒門前に瓜生石と言われる石が埋まっています。
この瓜生石の上に、ある日一夜にして大きな瓜が現れたそうです。そこには粟田神社の名前のある金のお札が光り輝やいていたことから、この瓜を粟田神社に納めたとされています。
 
夜渡神事では、粟田神社からの行列がこの瓜生石に向かいます。
そして瓜生石の前で、粟田神社の神職の方に知恩院の僧侶の方が合流し、神仏習合の「れいけん」の神事が行われます。

瓜生石。知恩院の黒門前、三叉路のど真ん中にあります。
 

 
 
 
瓜生石に向かう行列。
 

 
 
 
十二燈。
 

 
 
 
粟田神社の一行が到着しすると、黒門が開かれ知恩院の僧侶の方が列を作って降りて来られます。
 

 
 
 
瓜生石の前に剣鉾が立てられ、けいれんの神事が始まります。
 

 
 
 
お祓いを受ける僧侶の方々。
 

 
 
 
法要、神事が終わると、僧侶、神職の方々が一列になって、瓜生石の周りを回ります。
 

 
 
 
列には、十二燈やナリカンも加わります。
 

 
 
 
おまけに、犬まで。
 

 
 
 
れいけんの神事が終わると、夜渡り神事の行列は、青蓮院前を来た道を戻り氏子域を練り歩きます。
 
 
行列には粟田大燈呂と称する大きな灯篭が並びます。
夜渡り神事のことを書いた古書に、「さまざまな造物あり衆人の目を驚かす」、「前代未聞、驚目事也」とか表現されているそうです。その大燈呂が、平成20年に京都造形芸術大学の協力で復活し、行列に参加しています。
 
大巳貴神、オオナムチノ神と読み、大国主命と同一神だそうです。
 

 
 
 
出世えびす
 

 
 
 
来年の干支の羊です。
 

 
 
 
烏天狗
 

 
 
 
一つ目小僧
 

 
 
 
合槌稲荷
 

 
 
 

れいけん神事では、ナリカンから、犬まで参加して、なんでもありです。
ナリカンの犬も行列に参加するのはいいんですが、知恩院の高僧の方と一緒に、瓜生石の周りを回るのはちょっと違和感を覚えました。
 
 
 

御香宮神幸祭 神輿巡幸

御香宮神幸祭 神輿巡行
10月11日の御香宮神幸祭の花傘総参宮に続いて、翌12日の神輿巡幸にも行ってきました。

伏見の御香宮神社の神幸祭の最終日、予定では午前5時の神事から、順次出発して、帰ってくるのは最終が午後8時半と大変です。
 
僕が御香宮神社に着いたのは、午前8時頃、獅子はもう既に出発していました。
こちらは、前日の夜の獅子です。
 

 
 
 
次は、猿田彦行列です。午前8時少し過ぎ。
天狗の面の猿田彦命と女性の天鈿女命は、神々が高天原より日本の国に降りて来られる時に、神々の道案内をされた夫婦の神様だそうです。
御香宮の神様が神輿渡御されるに際し、巡行路を祓い清めます。
表門の前で、記念撮影。
 

 
 
 
この後、トラックに乗って巡行です。なんといっても、長距離ですから。
 

 
 
 
順番では、次は神輿A班。
こちらは、神社発ではなく、JR桃山駅前9時発です。
神輿は、早朝から移動済みです。
 
その次は、武者列。午前9時過ぎに出発です。
 

 
 
 
次は、神輿B班。
拝殿内で、ひと担ぎ。
 

 
 
 
表門を出ます。
 

 
 
 
表門前にて、差し上げ。
 

 
 

         次は、稚児行列です。
 

 
 
 

 
 

        出発は、午前10時半過ぎ。行ってらっしゃい。
 

 
 
 
神輿C班。午前11時少し前。
 

 
 
 

 
 
 
これから、長い一日、ご苦労様です。 
 
最後に、千姫神輿。
徳川秀忠公より千姫の誕生祝いで寄進された神輿です。
あまりに重すぎて、担ぐのが大変とのことで、今は飾ってあります。
 

 
 
 

御香宮神幸祭 花傘総参宮

御香宮神幸祭 花傘総参宮
 
伏見の御香宮神社の神幸祭、9日も続く祭りの1日目と8日目の夕刻、たくさんの花傘がでます。
氏子域から、町内会、商店街、幼稚園やマンションまでいろんな団体が、思い思いの花傘を作って、大手筋商店街のアーケードを抜け、御香宮神社の表門の前まで、練り歩きます。
今年は、8日目の10月11日に行ってきました。
 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 
色とりどりの花傘がとっても綺麗な上に、大人も子供もとっても楽しそう。
ほんとに楽しいお祭りです。

京都 白夜祭(ニュイ・ブランシュ)

ニュイ・ブランシュ(白夜祭)
 
フランスのパリでは、白夜祭と称し、毎年10月の初めに夜通しで一夜かぎりのアートの祭典が行われているそうです。
パリの姉妹都市である京都市でも、パリの白夜祭に合わせて、10月4日の夜、「ニュイ・ブランシィKYOTO」と称して様々なイベントが行われました。

市内様々な所でイベントが行われましたが、京都国際マンガミュージアムに行ってきました。
京都国際ミュージアムでは、オープニングセレモニーに加え、建物の外壁を使ったプロジェクションマッピング等が行われました。
 
 
 

 
 
 
オープニングは、姉妹タップヂュオ、華~puspaさんのタップ。
 

 
 
 
                       2014年世界大会で優勝という実力派
                        とっても素敵なステージです。
 

 
 
 
 

 
 
続いて、オープニングセレモニー。
門川京都市長、ローラン・ファビウス外相に加え、滝川クリステルさんもご登場です。
 

 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 
 
 
 
市内様々な所でイベントが行われていましたが、21時から23時位までと、夜を通してとはいきません。 もっともっと盛大に行われるようになり、夜を徹して楽しめる日になって欲しいものです。

北野天満宮 ずいき祭り

北野天満宮 ずいき祭り
 
10月1日から5日に行われる北野天満宮のずいき祭り。
10月4日の還幸祭に行ってきました。
ずいき祭りは、五穀豊穣を感謝する祭りで、ずいき芋の茎で屋根を葺き穀物や乾物で飾られたずいき神輿が作られます。
還幸祭では、ずいき神輿や鳳輦が、お旅所から北野天満宮まで巡行します。
 
 
 
ずいき神輿です。
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
巡行の出発です。先頭はずいき神輿です。
 

 
 
 

 
 
 

 
 

還幸祭の人気スポットは、上七軒。
上七軒の芸舞妓さんが、神輿をお迎えします。
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 


 

梨木神社 萩祭り

梨木神社の萩祭り
 
9月末の数日に行われる萩祭り、9月21日に行ってきました。
 
梨木神社は、「萩の宮」ともいわれる萩の名所。
赤や白の可愛い花をつけた萩の枝に、俳句の書かれた短冊が下げられ、
舞殿では様々な奉納行事が行われます。
 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 
昨年は萩の枝が刈り込まれ花が少なかったんですが、今年はたくさんの花がついていました。
しばし、気持ちのいい秋の時間を堪能させて頂きました。
プロフィール

masato

Author:masato
お祭りや季節の風景の写真を撮っています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR