FC2ブログ

若草山焼き 

1月23日、若草山焼きに行ってきました。

今年の山焼き、直前から小雨模様となり、火の勢いも弱く、燃え残りも出てしまう不完全燃焼に終わりました。おかげで写真も思ったようなものが撮れなかったのですが、せっかくですので紹介します。

山焼きが行われる日の午後、飛火野で「春日の大とんど」が行われます。





実は、この火が若草山焼きの種火になります。
夕刻に、この大とんどから御神火として受け、聖火行列として若草山へ向かいます。

上の方に見えるのが若草山です。






聖火行列は、若草山近くの水谷神社で御神火を松明に点火します。

行列は、松明を掲げて、若草山の麓にやってきました。
行列は、雅楽道楽、僧兵、奈良町奉行所役人、金剛峯寺法螺衆、興福寺、東大寺、
春日大社の順です。






一行は、若草山麓の野上神社で、松明の火をかがり火に移します。






野上神社での祭礼を行った後、御神火を再度、松明に移し、若草山を登ります。






山麓中央に設けられた大かがり火に点火します。






この大かがり火から、消防団員の方が火を受けて、所定の位置へと運びます。

ここで花火の打ち上げです。






残念ながら、花火が始まる少し前から小雨模様となってしまいました。
雨でレンズが濡れるため、レンズを拭きつつ、三脚なし手持ち撮影としたため、
写真はまともなものが撮れていません。














花火が終わると、いよいよ山焼きです。
山肌の草に火をつけます。















この場所での撮影は初めてなのですが、周りのカメラマンの方々は、ぜんぜんダメ、こんなもんじゃないと、嘆かれてました。
天気だけは仕方ないですね。中止にならずに見ることが出来ただけでもよかったです。



スポンサーサイト



京都伏見三栖神社のとんど

            京都伏見三栖神社のとんど






 1月17日、京都伏見の三栖神社のとんどに行ってきました。
 点火は、まだ明けやらぬ午前6時です。
 この時間だと暗いので、前日の写真からです。











     午前6時、とんどに火が点けられると、一気に燃え上がりました。






 そして、すぐに横倒しにされました。
 高くて大きなとんど、周りに木がある境内では危険なからでしょうか。















   燃える炎を、ただただ眺めます。
   燃える炎、見入ってしまいますね。



琵琶湖なぎさ公園の菜の花

    琵琶湖なぎさ公園の菜の花






 1月17日、琵琶湖湖畔の守山市第1なぎさ公園の菜の花です。
















 今年は、暖かったこともあり、花も早目でもう満開です。
 その代わり、比叡山系に雪がありません。
 その後、急に寒くなり、山は雪景色、
 花は強風でかなり散ってしまったそうです。


上賀茂神社 武射神事

       上賀茂神社 武射神事






1月16日、上賀茂神社の武射神事に行ってきました。
最初に、神職の方が、裏に「鬼」と書かれた的を射て、1年の邪気を払います。
その後、小笠原流近畿菱友会による百手式の奉納がありました。



まず最初に、蟇目矢(ひきめや)が射られます。
射ると「ホー」という音がします。その音で、場を清めます。






次に、宮司さん神職の方が、裏に「鬼」と書かれている的を射ます。
矢は、朱塗りの丹塗矢が用いられます。
御祭神の賀茂別雷大神の母、玉依日売が加茂川の上流から流れてきた丹塗矢を
拾い床に置いたところ懐妊し、それで生まれたのが賀茂別雷大神とのこと。
その話に因んだ矢です。












その後、小笠原流近畿菱友会による百手式が行われました。






右手の射手から順に射ます。










流れるような見事で綺麗な所作です。
心し清められるような新春の行事でした。

陀々堂の鬼走り


              「 陀々堂の鬼走り 」





 
1月14日、奈良県五條市の念仏寺「陀々堂の鬼走り」に行ってきました。
 
鬼走りでは、3匹の鬼が大きな松明を掲げ、堂内を巡ります。
修正会結願の行として行われ、東大寺二月堂の修二会や節分の追儺式を模して、
室町時代に始まり、今年で531回目、1年も欠けることなく続いているそうです。
国の重要無形民俗文化財に指定されています。


鬼走りが行われる陀々堂です。






赤鬼は父鬼です。






青鬼は母鬼。






茶鬼は、子鬼です。






煙が軒先を這うように広がり、迫力満点です。







四天王寺 どやどや

  四天王寺 どやどや





1月14日、大阪四天王寺の「どやどや」に行ってきました。

「どやどや」は、元旦から14日までの法要、修正会の結願日に行われるもので、かつてより、法要中に祈祷された牛王宝印という魔除けの護符を、裸になって奪い合っていたそうです。多くの人がどやどやと集まる様子から、「どやどや」の名がついたそうです。  
現在は、参加される人は関連の学校の生徒に限定されて行われています。
全体は3部構成で、最初は、和泉チャイルド幼稚園、御池台幼稚園、四天王寺夕陽丘保育園、四天王寺悲田院保育園の園児達。その次は、四天王寺羽曳丘中学・高校の生徒達。最後は、清風中学・高校、清風南海高校の生徒達です。


最初は、園児達。
この寒い冬の日に、上半身裸でも、元気です。






次は、四天王寺羽曳丘の生徒達です。






生徒達に、容赦なく、水が掛けられます。

















護符を取った生徒達です。






次は、清風・清風南海の生徒達です。



















































寒い冬の日でしたが、裸の生徒達の凄い迫力!
護符の代わりに、元気を頂きました。




今宮戎神社 宵戎

      ~ 今宮戎神社 宵戎 ~




 
 明けましておめでとうございます。
 今年初めてのアップです。
 今年は昨年以上に忙しくなりそうで、遅れ遅れの手抜きブログになりそうですが、
 よろしくお願いいたします。


 今年の最初はえべっさんからです。
 1月9日、今宮戎神社の宵戎にいってきました。
 えべっさんと言えば、福娘。
 今年も、福娘さんの写真ばかりです(笑)


 境内は凄い人で、さい銭箱にたどり着くまでが一苦労です。






  お参りを済ませ、福娘さんに、笹に吉兆を付けてもらいます。






 素敵な笑顔も一緒に付けてくれます。














































  お参りを済ませる前に、忘れないこと。
  えべっさんは耳が悪いです。
  ドラを叩いて、「えべっさん、たのんまっせ!」と念押しです。





 年の初めのえべっさん、たくさんの人で賑わい活気満点
 福娘さんの笑顔も幸せ満点
 たくさんの元気を頂けました。
 今年も、一年、笑顔で過ごしましょう!


プロフィール

masato

Author:masato
お祭りや季節の風景の写真を撮っています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR