FC2ブログ

雨の東山花灯路

            雨の東山花灯路





3月18日、天候は小雨。
雨を狙っての東山花灯路です。
雨で、石畳が輝きます。



















スポンサーサイト



東山花灯路

            東山花灯路  八坂の塔






3月12日、東山花灯路に行ってきました。
今年も、たくさんの人です。











狐の嫁入りにも出会いました。





粟田大燈呂、粟田祭りで巡行します。














地蔵院 散椿

      地蔵院の散椿         2016.3.12撮影
                    





北野白梅町近くの地蔵院。
「散椿」と称する五色八重咲の椿があります。
この椿は、散る際に、花ごと落ちるのではなく、花びらが一枚一枚散ります。
加藤清正が朝鮮から持ち帰り豊臣秀吉に献上したもので、
北野大茶会の際に、秀吉が地蔵院に立ち寄ったのを縁に寄進されたものです。
現在の木は、樹齢四百年の一世は枯れ、現在は樹齢百数十年の二世です。

3月12日の散椿。
たくさんの花をつけ、床には散った花びらが一面に、まさに散椿です。
















嵯峨清凉寺 お松明


    嵯峨清凉寺 お松明






3月15日、京都嵯峨清凉寺の「お松明」に行ってきました。
「お松明」は、涅槃絵の行事の一つで、大松明を燃やし、お釈迦様が荼毘に付される様子を表します。
鞍馬の火祭、大文字の送り火とともに、京都の三大火祭りの一つです。
3基の大松明は、早稲・中稲・晩稲とみなし、その燃え方で米の豊凶も占います。


        境内に立てられている3基の大松明です。





    まず、大松明の横の護摩壇に火が点けられます。






     次に、提灯行列が大松明の周りを回ります。






          いよいよ、3基の大松明に点火です。






      みんなで、大松明が燃えるのを眺めます。





















     3基の松明が燃え尽きました。
     今年は、3基とも良く燃えました。
     ということは、今年は豊作になるようです。







   本堂横には、月々の米価を占った高張提灯が並んでいます。
   現在では、米価ではなく株価や景気かもしれませんね。
   今年は、乱高下しますが、年末には良くなるようです。










  当日の写真で、Webアルバムを作成しました。
  よろしければ、ご覧ください。



この写真集は、みんなのデジブック広場で作りました。

嵯峨大念仏狂言

       嵯峨大念仏狂言
                   


        
3月15日、嵯峨釈迦堂(清凉寺)で、お松明が始まる前に、嵯峨大念仏狂言が演じられます。
嵯峨大念仏狂言は、鎌倉時代に円覚上人が庶民に仏法を説くために始めたと言われ、
壬生寺、千本閻魔堂とともに京の三大念仏狂言の一つです。
仏教が背景であるには、少し内容が過激な所がある演目もありますが・・・






















伏見松本酒造の酒蔵と菜の花

   京都伏見松本酒造の酒蔵と菜の花
                        撮影日:2016年3月12日






       赤レンガの煙突と木造のレトロな建物の前に、菜の花です。














長徳寺のオカメ桜

    出町長徳寺のオカメ桜が満開です。
                     撮影日:2016年3月12日















東大寺二月堂修二会のお松明

    東大寺二月堂修二会のお松明
                      2016. 3. 3. 撮







奈良東大寺二月堂の修二会で、火の粉を散らして二月堂の舞台を回るお松明。
このお松明は、二月堂で行を行う練行衆の方が上堂するための道明かりとして灯されるものです。




















お松明で照らされた階段を、練行衆の方が二月堂へ進まれます。








                           

下鴨神社の 「流し雛」

          下鴨神社の 「流し雛」





3月3日、下鴨神社の「流し雛」に行ってきました。

女の子の健やかな成長を願うひな祭り、古来、人の形をした人形に厄を移して子供の成長を願っていたのが現代のひな祭になったと言われています。
和紙の人形を乗せた桟俵(さんだわら)を川に流す「流し雛」は、そんな古来の風習を伝えるものです。

下鴨神社の「流し雛」は、京人形商工業協同組合の主催で行われ、お内裏様とお雛様に扮した人や上七軒の芸舞妓さん、関係者の方がひな流しを行い、その後、一般の人がひな流しを行います。


        お内裏様とお雛様





  
  神事、神職さんがひな流しを行った後、お内裏様とお雛様が、   
  御手洗川に桟俵を流します。





   上七軒の芸舞妓さん






   幼稚園児の代表もながし雛を行います。
   後で、園児のお歌の披露もあります。






   京都タワーのイメージキャラクター「たわわちゃん」






        祭事が終わった後、一般の方も桟俵を流します。























東近江五個荘のひな人形

 2月25日、滋賀県東近江市五個荘にひな人形めぐりに行ってきました。
 






 五個荘は、近江商人ゆかりの地で、立派なお屋敷が並んでいます。
 そんな商人屋敷が公開されており、この時期、「商家に伝わるひな人形めぐり」として、 様々なお雛さまが展示されています。


中江準五郎邸に展示されている「清湖雛」です。
琵琶湖をモチーフに、滋賀県の豊かな自然や四季の美しさを表現した創作ひな人形です。制作者は、人形師・東之湖氏。
















「無垢の神」
 「純粋、清楚な気持ちで、未来に向かって進んで行きたい」との思いで、
  白無垢の十二単











  「十人囃子」   湖周に咲く桜をイメージ






     「瀬田夕照」  晩秋の夕焼けが照らす湖岸の風景をイメージ






   「比良暮雪」
     春間近になっても、雪を残す比良連峰の雄大かつ、優美な姿をイメージ







他にも、外村宇兵衛邸、外村繁邸、藤井彦四朗邸と立派なお屋敷で、年代物の貴重なものから創作ひな人形まで、たくさん展示されています。






















   「商家に伝わる ひな人形めぐり」
      滋賀県東近江市五個荘  近江商人屋敷
      平成28年2月2日~3月21日
プロフィール

masato

Author:masato
お祭りや季節の風景の写真を撮っています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR