FC2ブログ

葵祭 上賀茂神社 一之鳥居内

   葵祭 上賀茂神社
                       2017年5月15日撮影




   5月15日、葵祭。
   京都御所を出発した行列は、下鴨神社に参拝の後、上賀茂神社に進みます。 
   一之鳥居の前で、列を整えて、二ノ鳥居内で行われる社頭の儀に進みます。

   


















   女人列の斎王代も、輿を降りて、歩いて進みます。

















    最後に、勅使が二ノ鳥居内の社頭の儀会場に進み、
    社頭に儀が行われます。











    社頭の儀が終わると、一之鳥居から二ノ鳥居までの参道で、
    走馬の儀が行われます。




スポンサーサイト



葵祭 京都御苑 路頭の儀

          葵祭 京都御苑 路頭の儀
                            2017.5.15撮影





   5月15日、京都三大祭の一つ、葵祭が行われました。
   葵祭は、かつては国祭として行われ、通常の祭とは異なり、
   御所から、神様がおられる下鴨神社、上賀茂神社を行列が参ります。

   





    祭の中心は、天皇からの使いである勅使です。
    御所から下鴨神社、下鴨神社から上賀茂神社への道中である路頭の儀では、
    勅使は参加しませんので、勅使代として近衛使代が務めます。





    
    





  斎王代、宮中から下鴨神社、上賀茂神社に奉仕するように遣われた皇女です。











藤森神社 駈馬神事

    藤森神社 駈馬神事
                            2017年5月5日





  藤森神社駈馬神事は、藤森神社のお祭り藤森祭で、神輿行列が出発し氏子域を
  巡行する間に、境内の長い参道馬場で行われます。

  駈馬神事は、早良親王が、天応元年(781年)に陸奥の反乱に対し、
  征討将軍の勅を受けて祈誓出陣された際の擬勢を象ったもので、
  馬術を競うものとして、様々な曲芸的な技が披露されます。
































下鴨神社 流鏑馬神事

   下鴨神社 流鏑馬神事
                           2017年5月3日





   下鴨神社 流鏑馬神事
   葵祭の前儀の一つ、葵祭の行列の安全を祈願する神事です。













































京都の藤の花

   京都の藤の花の写真です。

   城南宮、室町の庭           (4月29日撮影)
   藤とツツジです。





     
    鳥羽の藤                    (4月29日撮影)
    京都市鳥羽水環境センターの一般公開です。





   柴桜と藤のコンビネーションも素敵です。






    平等院の藤                    (5月2日撮影)












    西院春日神社 藤花祭             (4月29日撮影)
    藤の花咲く境内で藤花祭が行われました。
    斎女や童女は藤をあしらった衣装です。


京都 松尾祭 神幸祭

   京都 松尾大社 松尾祭 神幸祭
                           2017年4月23日撮影






    4月23日、京都松尾大社の松尾祭神幸祭です。
  6基の神輿と唐櫃が、松尾大社を出て、
      桂川を船で渡り、御旅所まで巡行します。


 祭の出発前、なりかんを高く掲げ、神社を目指します。











なりかんを神輿の担ぎ棒に取り付けます。






御祭神を載せた神輿は、拝殿を回ります。






拝殿を待った後、山吹が満開の境内を出発します。
















桂川まで進んだ神輿は、川の中へ。


















 神輿は、船で桂川を渡ります。
















桂川を渡った神輿は、河川敷で休憩の後、
また、御旅所を目指します。

京都 やすらい祭り

   やすらい祭り
                             4月9日撮影





  随分遅くなりましたが、4月9日の祭事です。
 
   やすらい祭り
  平安時代、都に疫病が流行り、桜の花が散る際に病魔も飛び散るとされ、
  花の霊を鎮め無病息災を祈るものとして始まったとされます。
  現在は、上野やすらい、川上やすらい、玄武やすらい、上賀茂やすらいの
  4つの祭があり、上賀茂を除く3つが、4月第二日曜に行われます。
  それぞれの祭で若干の差はありますが、大きな花傘を中心に、大鬼、子鬼と
  囃子方が、所々で踊りながら、氏子域を練り歩きます。


  まずは、上野やすらいです。






四つのやすらいの中で、最も激しく飛び跳ねて踊ります。


















  途中、今宮神社に入り、奉納踊りを行います。











今宮神社での奉納踊りが終わると、また氏子域へ。
あぶり餅屋さん前で。






次は、川上やすらいです。






川上やすらいの大鬼は、顔が完全に隠れています。






踊りは、鉦・太鼓を高く差し上げ打ち鳴らしながら、
飛び跳ねたりはせず、腰をくねらせるだけの素朴なものです。






最後は、玄武やすらいです。
玄武やすらいは、今宮神社へは入らず、何班かで朝からばんまで、
氏域をを練り歩きます。





プロフィール

masato

Author:masato
お祭りや季節の風景の写真を撮っています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR