FC2ブログ

祇園祭 前祭山鉾巡行・神幸祭

  祇園祭神幸祭
                             2017年7月17日





7月17日午前に前祭山鉾巡行が行われ、夕刻に神幸祭として、
御祭神を載せた神輿が八坂神社から御旅所へ巡行します。
山鉾巡行があまりに有名ですが、山鉾は、神輿巡行に先立ち、
都大路を清めるためのもので、その鉾が巨大化したものです。


山鉾巡行、四条堺町のくじ改め処からです。

長刀鉾が、会所から少しバックして、四条烏丸交差点で、
お稚児さんが鉾に乗り込みます。





巡行の先頭は、長刀鉾
くじ取らずで、毎年先頭です。





お稚児さんが、太平の舞を踊ります。





長刀鉾は、くじ取らずですので、
くじ改め処では、ちまきを渡し、挨拶だけで通過します。


次に来るのが、今年山一番の占出山。
奉行役の門川京都市長に、山の町行司がくじを差し出します。







くじ改めが終わると、扇子で山を呼び寄せます。





くじ改め処の前で、山を持ち上げ回します。





孟宗山。
胴懸けは、平山郁夫さん作「砂漠らくだ行」。





函谷鉾。





四条傘鉾。
棒振り踊りを披露します。






場所を移動して、新町御池です。
長刀鉾がやってきました。





お稚児さんは、ここで鉾を降ります。





強力に担がれて鉾を降りたお稚児さんは、地上に降りても担がれたまま、
生神様のお稚児さんは、自ら地面に足をつけて歩きません。





長刀鉾は、辻回しをして、新町通りへ。












前祭山鉾巡行が終わった夕刻、
八坂神社の石段下に、三基の神輿が並びます。
三基の神輿は、御祭神を乗せて、氏子域を巡行して、
四条寺町の御旅所へ向かいます。





三基の神輿が、同時に、差し上げ、差し回しを行います。
石段下が、神輿と担ぎ手で埋め尽くされる光景は圧巻です。






三基の神輿は、それぞれのルートで御旅所へ向かいます。




スポンサーサイト



祇園祭 前祭 宵山

祇園祭前祭の宵山の風景です。 (撮影:2017年7月15,16日)







青い空に、そびえる鉾、夏の京都の風景です。












日が暮れて・・・











四条傘鉾の棒振り踊りです。






宵山の光景、明日のくくじ改めの練習です。
明日は上手くいきますように!






ちまき どうどすか♪ おまもり どうどすか♪





祇園ばやし、祭りも最高潮に!






日和神楽、明日の巡行が晴れますように♪
























祇園祭 お迎え提灯

  祇園祭、前祭りも終わり、後祭りの鉾や山も建っていますが、
7月10日のお迎え提灯です。

7月10日、神輿を鴨川の水で清める神輿洗いが、四条大橋で行われます。
お迎え提灯は、神輿洗いを終えた神輿を、提灯を手にお迎えする行事です。

祇園万灯会の方が、鷺踊り、小町踊り、祇園踊り等の様子で、
八坂神社から行列し、京都市役所で奉納舞を行い、八坂神社へ戻ってきます。
神輿が神輿洗いから戻ってくる際には、
石段下に提灯を手に並んで、神輿をお迎えします。


お迎え提灯の行列が、八坂神社に戻ってきた後からです。

神輿三基のうちの一基、中御座の神輿が、八坂神社を出発し、
神輿洗いに向かいます。







神輿が神輿洗いを終えて戻ってくる前に、石段下に、提灯が並びます。






神輿が戻ってきました。






戻ってきた神輿は、境内を練り歩きます。





神輿が、舞殿に置かれ、三基の神輿が並びます。





神輿が置かれると、神輿への飾りつけが行われます。
その前で、鷺踊りが奉納されます。












真っ赤な髪の「しゃぐま」も鷺と一緒に踊ります。












小町踊りの奉納。











祇園踊りの奉納。






神輿への飾りつけが続きます。


大阪 愛染祭

   大阪 愛染祭
                    2017.06.30,07.01 撮影





6月30日~7月2日、大阪の愛染堂勝鬘院で愛染祭が行われました。
大阪三大夏祭の一つで、この頃から浴衣を着始めることから、
別名「浴衣祭」とも言われてます。 

一般公募で選ばれた愛染娘さんや愛染女組さんが、祭を盛り上げます。

  





初日の6月30日、宝恵駕籠パレードが行われ、最後に、
愛染娘さん全員の駕籠上げが行われます。
























平成OSAKA 天の川伝説

  平成OSAKA 天の川伝説
                             2017.07.07 撮影






 7月7日、大阪天満橋付近の大川で、平成OSAKA天の川伝説が行われました。
 LEDボールを川面に浮かべ、天の川を再現する七夕恒例のイベントです。












 生憎の曇天で、空にも天の川とはいきませんでしたが、
 川面のLEDボール、行き交う小舟、ビルの夜景と、幻想的な光景が広がりました。

大阪四天王寺 七夕のゆうべ

   大阪四天王寺 七夕のゆうべ
                             2017. 7. 7,8 撮影





    大阪四天王寺で行われた七夕イベントです。
  境内に、七夕の飾りつけや出店がでたり、コンサートがあったりと、
  たくさんの方で賑わってました。

   

  極楽門(西大門)前の吹流しは、黄金色。とってもゴージャスです!







   笹トンネル、天井にはLEDの天の川!






    流しロウソク!













   ライトアップされた五重塔。
   奥に見えるのは、あべのハルカスです。




上賀茂神社 夏越大祓

  夏越の祓
    6月30日、今年前半年の罪・穢れを祓い、後半の無病息災を祈ります。

         
                                                            2017.06.30  京都 上賀茂神社
            
  茅の輪くぐり
    茅の輪をくぐって、穢れを取り、健康を祈ります。くぐる際に、
      「水無月の夏越の祓する人は 千歳の命のぶというなり」と唱えます。





  
 「風そよぐ ならの小川の夕暮れは みそぎぞ夏のしるしなりける」
  小倉百人一首の藤原家隆の歌です。
  歌に詠まれているならの小川のみそぎとは、上賀茂神社の夏越大祓のことです。

  神職の方が、茅の輪をくぐり、夏越大祓の式場へ向かいます。







   ならの小川にかかる橋殿が式場です。






   





   
   中臣大祓が奏上される中、罪穢れを移しおおさめした人形が流されます。



















  布の切り裂きです。
  布を切り裂く音が、厄払いとなります。







   最後に、神職の方の人形ながしです。













暑い夏も、これからが本番。
今年後半も、体に気を付けてがんばりましょう。
    

プロフィール

masato

Author:masato
お祭りや季節の風景の写真を撮っています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR