FC2ブログ

祇園祭 花傘巡行

   祇園祭、花傘巡行。             
                        2018年7月24日 撮影

   今年の夏は、異常な猛暑。
   花傘巡行の巡行は中止となりましたが、八坂神社の舞殿での奉納演舞は
   行われました。


   祇園東の芸舞妓さんによる「小町踊り」です。












   先斗町の芸舞妓さんによる「歌舞伎踊り」です。












  鷺舞です。











     万灯踊りです。












   芸舞妓さんに加えて、奉納演舞を行うのは、祇園万灯会の子供達。
   異常な暑さにそなえ、行列の中止は当然のこと。
   奉納演舞も、暑い中、ご苦労様でした。







スポンサーサイト



祇園祭 後祭山鉾巡行

    祇園祭後祭りの山鉾巡行です。        2018年7月24日 撮影
    
    
        北観音山














    南観音山














        大船鉾








祇園祭 後祭宵山

       祇園祭後祭の宵山です。      2018年7月22,23日撮影


後祭りでは、歩行者天国はありませんが、
その分ゆっくり宵山の雰囲気を楽しめます。













北観音山























南観音山





















  南観音山 あばれ観音
   南観音山の楊柳観音は、北観音山の観音様が好きで好きでたまりません。
   このままでは、巡行の際に、北観音山に近づきたくて、巡行の列を
   乱してしまいます。
   そこで、巡行の前夜、観音様を神輿にくくりつけて、走りながら、
   激しく揺すり、疲れて頂き、巡行の間おとなしくして頂きます。

   前で、布にくるまれているのは、善財童子です。













町内の南北の端と山の傍で、大きく振り上げられます。





五山の送り火 『法』

   五山の送り火 『法』
                          2018年 8月 16日 撮影





五山の送り火、妙法の『法』の字です。
北大路通りの高野橋からです。
         
       



お盆も終わり、夏も終わりですね。

祇園祭 神幸祭神輿渡御

7月17日、祇園祭神幸祭神輿渡御です。
祇園祭は、山鉾巡行があまりにも有名ですが、山鉾は本来、
御神輿が巡行するに先立ち、その道中を清めるもので、祭の中心は、御神輿です。

17日午前、前祭り山鉾巡行を終えた後、午後4時、八坂神社本殿で神幸祭が行われ、
午後6時、御神輿は八坂神社を出発し、石段下で三基並んで出発式を行います。
その後、三基は別ルートで氏子域を巡り、四条寺町の御旅所に入ります。


八坂神社石段下です。

久世駒形稚児です。
八坂神社の御祭神、素戔嗚尊が御降臨されたとされる久世の綾戸國中神社は荒御霊、
八坂神社は和御霊と言われています。
その綾戸國中神社から、御神体の駒形を胸にした駒形稚児の到着です。
この駒形稚児の到着がなければ、御神輿は、八坂神社から一歩も動かしてはならないとされています。






御神輿の担ぎ方の到着です。






神輿渡御出発式の開始です。
先頭は、宮本組。八坂神社の氏子で、神宝を奉持します。






中御座神輿、御祭神、素戔嗚尊が乗り、三若神輿会が担ぎます。











東御座神輿につく、子供神輿です。






東御座神輿、御祭神の櫛稲田姫命が乗り、四若神輿会が担ぎます。






西御座神輿、御祭神の八柱御子神が乗り、錦神輿会が担ぎます。






三基の御神輿が並び、式典が行われます。






三基そろっての担ぎは、凄い迫力です。






御神輿は、それぞれ別ルートで、御旅所を目指します。



祇園祭 前祭山鉾巡行

  祇園祭山鉾巡行、新町御池です。    (2018年7月17日撮影)

  長刀鉾、お稚児さんは、ここで鉾を降ります。






お稚児さん、強力に担がれて、鉾を降ります。






長刀鉾の辻回し。


















函谷鉾です。






狭い新町通りを行く函谷鉾、大通りとはまた違った光景です。




      
プロフィール

masato

Author:masato
お祭りや季節の風景の写真を撮っています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR