FC2ブログ

京都 宝泉院の紅葉ライトアップ

   京都大原 宝泉院の紅葉ライトアップ
                        2018年11月22日 撮影






       京都大原の宝泉院の紅葉ライトアップです。
   
   額縁の中に、色鮮やかな紅葉と竹林を愛でます。











   左手は、樹齢約700年の銘木五葉の松です。
  


スポンサーサイト



京都 瑠璃光院の紅葉

   京都 瑠璃光院の紅葉
                        2018年11月22日 撮影




   
     京都 八瀬の瑠璃光院の紅葉です。
    
     机に映り込む紅葉が有名な紅葉の名所です。

     かつて、2階のこの部屋の真ん中に、写経用の机があり、
     机の真ん中に写経の仕方等の説明書きが。
     周りの狭い隅に映る紅葉を見ながら、机一面に映ったらなあー!
     なんて思ってました。それが今は、現実に。
     代わりに、とんでもない大混雑になっています。
     

     



























   
    2階から、瑠璃の庭。







   1階に降りて、瑠璃の庭です。
   条件が整うと、瑠璃色に輝くとか、とっても素敵な庭です。
















京都 圓光寺の紅葉

         京都 圓光寺の紅葉
                         2018年11月22日 撮影






     京都一乗寺の圓光寺の紅葉です。
   
   紅葉の名所 詩仙堂の近くにありながら、穴場的な存在だった圓光寺も、
   今では紅葉の名所です。
   今年の京都の紅葉は、やや遅め。
   22日の圓光寺も、まだ緑がかなり残った状態です。
   その代わり、赤・黄・緑のグラデーションがとっても綺麗です。
   

   































  






   


















京都 粟田祭神幸祭

       粟田祭神幸祭
                      2018年10月 8日 撮影






   随分時間が経ってしまいましたが、10月8日、体育の日に行われる
   京都粟田祭神幸祭です。
   粟田祭は、長保3年(1001年)以来と、一千年の歴史を有する祭です。
   神幸祭巡行では、神輿に加え、剣鉾も巡行します。

   剣鉾は、境内でひと差しして、出発です。






      知恩院前にある。
      瓜生石、粟田神社の神様が降臨されたとされる場所です。
      その瓜生石の周りを、剣鉾が回ります。






  白川沿いを進む神輿。






   古川町商店街にて。   
  





  平安神宮の大鳥居をバックに、5基の剣鉾が並びます。






  神宮道交差点で、神輿を差し上げます。






  夕刻、神社に戻り、剣鉾が拝殿回りを行います。






  最後に、神輿をかきます。




京都の紅葉(11/10)

  11月10日、南禅寺天授庵以外にも、京都市内の紅葉を巡りました。



  まずは、「紅葉の永観堂」の言葉もある紅葉の名所、永観堂です。
  





  まだ、色づきはまだ少し早目ですが、それでもさすが永観堂。
  所々、綺麗な紅葉が堪能できます。


















  次は南禅寺。
  三門から天授庵の紅葉です。







   南禅寺三門横の紅葉、毎年、早目に色づきます。






  かなり移動して、鷹峯の常照寺吉野門前の紅葉です。





 鷹峯は、光悦寺の光悦垣と紅葉を見たかったのですが、お茶会の準備のため、
 10日は拝観停止で入れずです。
 お茶会は11日からなので、10日は入れると思っていたのですが、残念です。



       最後は、京都御所。
       閑院宮邸跡北側の銀杏です。
       京都御所は、紅葉だけでなく、銀杏も綺麗です。






   今年の京都の紅葉は、例年より若干遅めかなって感じです。
   これから紅葉も本番、楽しみです。

京都 南禅寺天授庵の紅葉

   天授庵の紅葉
                       2018年11月10日 撮影






まだまだアップ出来ていない写真があるのですが、旬の紅葉から。

11月に入り、京都でも紅葉の季節が始まります。
南禅寺塔頭の天授庵です。

天授院でも、早く色づく方丈東庭。
もう真っ赤に色づき見頃です。




























書院南庭は、一部赤くなっていますが、まだ見頃はこrからです。






昼間の拝観は、外を歩いてで、室内の拝観はありません。
ここ室内からは、ライトアップの夜間拝観時です。




伏見三栖神社 大炬火祭

   京都伏見 三栖神社 大炬火祭
                        2018年10月 7日 撮影







約1300年前の壬申の乱の際、大海人皇子(後の天武天皇)が三栖を通過した時、
村人がかがり火を焚いて歓迎しました。炬火祭では、それに因み、大きな炬火が
登場します。
炬火は、宇治川に自生する葭(よし)で作られ、火をつける頭部は直径4mの
大きなものです。
炬火は、三栖神社の神幸祭で、神輿を沿道する形で、中書島駅付近から竹田街道を
京橋まで担がれます。


神幸祭列は、三栖神社御旅所から、中書島駅方面へ、高張り提灯を先頭に巡行
します。






 大炬火は、中書島駅近くの三栖会館横に置かれています。







  出発式を終え、大炬火が担ぎだされます。












大炬火に火が点けられ、竹田街道を北上します。






火はもの凄い勢いです。燃えすぎないように、水をかけて火の勢いを調整します。













御香宮神社 花傘総参宮

    京都 御香宮神社 花傘総参宮
                         2018年10月6日 撮影






  京都御香宮神社の花傘総参宮、御香宮神社の神幸祭に際し、
お迎え提灯として、たくさんの花傘が参拝します。
参加するのは、町内会やマンション、企業や幼稚園と
様々な地域の約20団体です。
趣向を凝らした花傘や神輿が、大手筋商店街から御香宮神社へと
練り歩きます。
















































プロフィール

masato

Author:masato
お祭りや季節の風景の写真を撮っています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR